プロが教える、主夫が学ぶ 家掃除の悩みをまるっと解決!おそうじ大百科 » プロVS主夫 エアコン掃除対決! » 掃除方法を対決

掃除方法を対決

どうも!家掃除を勉強している専業主夫です。今回は、素人には難しいエアコン掃除に挑戦していきます。

部屋のお掃除はこまめにしても、とっつきにくいエアコンですが、今回は家庭でどこまでお掃除できるのか試してみたいと思います!

エアコン掃除する手順

エアコン掃除に使用した道具

エアコンの掃除方法をレポート

エアコンのフィルターを外す

エアコン

こちらが我が家にあるエアコン。夏も冬もフル稼働で頑張ってくれていますが、なんと引っ越してきて以来(4年目)お掃除をせず放置してきました。

よーく見るとエアコンを開けてみる前から、ホコリが見えるような?気持ちごまかしながら使ってきましたが、どう見ても限界ですよね。

お掃除をする前に、まずはエアコン内部にあるフィルターを取ります。外し方は簡単で、僕でもすぐに外すことができました。

エアコンのフィルターの掃除をする

フィルター

エアコンのフィルターには、ホコリがたっぷり。乾拭きだけで簡単に汚れは落ちるかな?と思いましたが、フィルターに詰まったホコリは取れず。

せっかく掃除するのですから横着せずに、買ってきた市販のエアコン洗浄スプレーを使ってフィルターをお掃除

エアコン洗浄スプレーを吹き付けた後はしばらく放置して、その後に水で汚れを流しました。

エアコンのフィンを掃除する

フィン

さて次はフィンのお掃除!と思いましたが、フィンは外すことができないので養生したうえで、直接エアコン洗浄スプレーを吹き付けて掃除する必要があるようです。

たしかに掃除はとことんしたいけど、エアコンを分解して戻せなくなったらどうしよう?入っちゃいけないところに水が入って壊したらどうしよう?

こう見えて(?)小心者の僕は、迷った挙句にフィンのお掃除について今回は見送らせていただくことにしました。

エアコンの送風をする

リモコン

気を取り直して!先ほどお掃除したフィルターをエアコンに戻します。フィルターは生乾きの可能性があるため、エアコンを送風にして乾かしていくことに。

心なしかエアコンから吹きつける風が心地良いような気はしましたが、フィンまで掃除しきれなかった心残りもあり、複雑な気持ちに。

全国のご家庭ではエアコン掃除どのようにしているのでしょうか?僕の経験値ではまだまだ至らない点が多すぎる…そう思いました。

エアコン掃除を試してみた結果

悩む専業主夫

フィルターはきれいに、そして簡単に掃除ができました!

ということは、こまめにホコリが溜まる前に掃除したほうが良いのでは?と反省。

フィンに関しては僕の力がおよばず、掃除できずじまい。

その後ネットで探すと家庭で養生して掃除するつわものもいて、専業主夫としての修業は終わらない、そう確信しました。

エアコンの掃除方法をプロが解説

ここからは、ハウスクリーニング業者であるハウスコンシェルジュの皆さんに、エアコン掃除の解説を聞いてみました。

エアコン掃除をしてみたのですが、僕にはフィンのお掃除までたどり着くことができませんでした。いま悔しい気持ちでいっぱいです。

エアコン掃除の方法を解説

ご家庭でのお掃除は、フィルター掃除にとどめておいたほうが無難だと思います。専業主夫の言うとおり、分解しすぎて戻せなかったり、エアコンを壊してしまっては大変ですからね。

とくにフィンのお掃除は、奥に蓄積した汚れが落としきれない、洗剤を水で流しきれないなど、新しいトラブルの原因を生んでしまうこともあるでしょう。

ハウスクリーニングにご依頼すれば、エアコンを分解できるところまで分解したうえで、汚れを逃さずきれいにすることができますよ!

ハウスコンシェルジュとは

お掃除サービス内容

創業から55年以上の実績を持つ、大手洗剤メーカーのハウスクリーニングブランドであるハウスコンシェルジュ。

洗剤や掃除を知り尽くしたプロフェッショナルによる、高品質でキメ細やかなハウスクリーニングが評判です。

掃除だけでなく、相談があれば身の周りのどんな小さな困りごとでも対応可能となっています。

ハウスコンシェルジュのエアコン掃除を見てみる

プロと素人のエアコン掃除できる場所の違い

素人でははずせないエアコン内部

フィルターなどの簡単な部分であれば素人でも取りはずして掃除ができますが、プロであればさらに内部まで分解してクリーニングができます。

エアコンの分解には専門的な知識と技術が必要であるため、素人が分解洗浄を行うのは避けた方が賢明。

思わぬケガや事故につながったり、エアコン自体が故障する恐れもあります。

どんなタイプのエアコンでも掃除できる

一般的な壁掛けタイプのエアコンであれば、市販のエアコン用クリーナーを使って素人でもある程度の掃除ができます。

しかし、壁掛けタイプでもお掃除機能がついたものや、天井埋め込み型・窓取りつけ型・吊り下げ型などのエアコンだと、素人が掃除を行えないことがあります。

プロであれば基本的にどのようなタイプのエアコンでも掃除が可能ですが、業者によっては対応していないタイプもあるので事前に確認しておきましょう。

水厳禁のパーツをしっかり保護できる

エアコンの内部には電子部品があり、水で濡れると故障してしまうパーツも多数あります。この部分をきちんと保護しながら適切な掃除を行うのは、素人には難しいもの。

プロのクリーニングは、しっかりと養生をした上で掃除してくれるため、故障のリスクがほとんどありません。

業務用の専用洗剤を使用できる

素人がエアコン掃除に使用できる洗剤は限られています。しかし、プロであれば業務用のクリーナーを使用できるため、より高い洗浄効果が期待できるのです。

また、掃除道具も高圧洗浄機といった専用器具を使えるため、しつこい汚れも短時間で効率よく落とすことが可能となっています。

防カビ仕上げができる

エアコンの臭いの原因となるカビ。素人だと消毒用エタノールで拭くくらいの除菌処理しかできませんが、プロの業者のなかには防カビ仕上げを施してくれるところもあります。

業者の防カビ剤は高性能で安全性も高いため、カビの発生・増殖を長期間防ぐ効果が期待できます。

プロと素人のエアコン掃除の方法の違い

汚れを防ぐための養生がある

プロのハウスクリーニング業者は、エアコン周りの床や壁が洗剤や水などで汚れないよう、ビニールシートなどでしっかりと養生をしてから掃除を行います。

この養生にはエアコンの電子部品も含まれていますので、故障などを防ぐことにもつながります。

素人でももちろん養生はできますが、保護が不完全だと故障の原因となったり、壁や床が洗剤で変色・変性することもあるので注意が必要です。

エアコンを分解して徹底的に洗浄する

プロの業者は、素人では取りはずせない部分までエアコンを分解し、内部のパーツまで徹底的に掃除を行います。

この分解洗浄では、自力では掃除しにくいフィンなどの汚れもしっかりと落としてもらえるため、掃除後にふたたびカビが発生したり、臭いが出るなどの心配が少なくなっています。

短時間で効率よく掃除を行う

プロは、どのような道具を使い・どのような流れでエアコンクリーニングを行えば良いのかを熟知しています。

そのため、素人だと長くて半日くらいかかってしまうようなエアコン掃除を2時間程度で終わらせることが可能。

エアコン掃除に長い時間を取られなくて済むため、時間を有効活用できるようになります。

プロと素人のエアコン掃除の道具の違い

プロのエアコンクリーニングでは、業務用のエアコンクリーナーや防カビ剤、高圧洗浄機といった専用機器で掃除を行います。

とくに高圧洗浄機は、エアコン内部の送風ファンやフィンといった部分の汚れも、根こそぎ落とすことができます。

洗剤や防カビ剤なども専用のものを使用していますが、種類や安全性については業者によって異なります。気になる場合は事前に確認しておきましょう。

エアコンをきれいに保つためのコツ

フィルターをこまめに掃除する

エアコンの中で、もっとも簡単にできるのはフィルター掃除。このフィルターが汚れていると臭いが気になったり、エアコンの効きが悪くなることもあるので注意が必要です。

汚れが少なければ、こまめに掃除機で吸い取るだけでOK。取りはずして水や洗剤で掃除をするのは、汚れがひどいときだけで良いでしょう。

エアコン内部を乾燥させる

エアコンの内部に結露ができ、その水分が溜まったままだとカビが発生しやすくなります。これを防ぐには、エアコンの使用後にしっかりと内部を乾燥させることが重要です。

方法は簡単で、エアコンをOFFにしたら送風機能で1時間ほど運転するだけ。エアコンに内部クリーン機能がついている場合は、そちらを使います。

エアコンの内部を掃除する

エアコンの中を掃除するのは大変ですが、キレイな状態を保つためには欠かせないものです。ただし、上記の方法で予防を行っていれば、それほど頻度は多くなくても大丈夫です。

使用頻度によっても異なりますが、汚れやすいフィルターは1か月に2回、内部は1~2年に1回ほどを目安に掃除を行いましょう。

また、年に1回はプロの業者に掃除をしてもらうとさらに効果的です。