プロが教える、主夫が学ぶ 家掃除の悩みをまるっと解決!おそうじ大百科 » プロVS主夫 エアコン掃除対決! » エアコン掃除から発生する故障

エアコン掃除から発生する故障

「エアコン掃除を自分でおこなえば、業者に支払う費用がかからずに済む!」。そう考えて、エアコン掃除に挑戦する人もいるかと思います。

そのときに頭に入れておかないといけないのが故障のリスク。故障させてしまうと、結果的に余計にお金が掛かってしまいます。

また、エアコンの状態にも注意が必要です。状態が悪いと、エアコン掃除の経験が豊富な業者でさえも、それが原因で故障させてしまう場合があります。

ここでは、エアコン掃除のときに発生しやすい故障について紹介します。

エアコン掃除で自分で壊す事例

自分でエアコン掃除をするときは、カバーを外してから汚れを落としていきます。汚れを落とすために水を使いますが、エアコンには水をかけてはいけない場所があるので注意が必要です。

一般の方のエアコン掃除では、水でエアコンを壊してしまう事例がとても多く見られます。

汚れがあり掃除したい箇所があっても、水に触れさせてはいけない場所かもしれません。水を使って掃除するときは、事前に確認し、十分に気を付ける必要があります。

水をかけてはいけない部分とは

エアコンの電装部分には、絶対に水をかけてはいけません。電装部分とは、電子基板やセンサー、スイッチ、モーター部などが当たります。エアコンを正面から見た場合、右側に電装部分が集中しているのでチェックしてみて下さい。

掃除の際には水がかからないように、養生シートやマスキングテープ、タオルを使ってしっかりと養生する必要があります。

また、それ以外にも注意する場所があります。それは、ファンの右側にあるファンやルーバーを取り付けている穴の部分です。

穴から水が浸入して電装部分が濡れてしまう可能性があるので、汚れていたとしても水をかけるのはNGです。

スチームクリーナー使用時の注意点

エアコン掃除の業者でも利用者が多い掃除道具が、スチームクリーナー。蒸気を使って汚れを落とすだけでなく、高熱によるカビの除去や殺菌にも効果があります。

エアコン掃除でスチームクリーナーを使用するときに注意したい点として、長時間使わないようにするというのがあります。熱された蒸気が時間とともに広がっていき、使い続けていると、気づかないうちに大量の蒸気が電装部分にまで届いてしまうかもしれません。

スチームクリーナーを使うときは、使用時間を気にすることを忘れないようにしましょう。

エアコン掃除を業者へ依頼して壊れる事例

エアコンに詳しい業者が掃除をおこなうので、作業中にエアコンが壊れてしまう確率はそれほど高くありません。

ですが、腕利きのプロでも、ある条件が重なると故障させてしまう場合があります。

業者が掃除でエアコンを故障させてしまうとき

業者がエアコンの故障を引き起こす大きな原因は3つです。

作業ミス

エアコン掃除のプロも同じ人間です。作業ミスでエアコンを故障させてしまうことがまれに起こります。

業者も、このような事態をあらかじめ想定していて事業を行っています。万が一のミスに備えて、損害保険に加入している業者も少なくありません。

エアコンが壊れたときに業者側に全責任がある場合は、基本的に修理代を保証してもらえます。

古いエアコン

エアコンの製造メーカーは、エアコンの耐用年数を10年として設計しています。10年持つことを想定して作られていて、それ以上の年月が経っている場合は買い替えを考えるタイミングと言われています。

10年以上の古いエアコンは、状態によってはいつどこが壊れてもおかしくありません。また、メーカーでは部品保有期間を10年としているので、故障した際の交換部品が手に入らない可能性もあります。そのため、業者によっては、製造から10年以上経過しているエアコンの掃除を受け付けていません。

古いエアコン掃除を受け付けている業者でも、故障時の保証ができないことに同意してもらってから、作業をおこなうなどの対応をしています。

ほこり・よごれ

蓄積したほこり・よごれを業者が取り除いたときに、エアコンの調子が悪くなってしまうことがあります。

理由は電流値の回復です。ほこり・よごれによって低くなっていた電流値が、掃除して空気の循環がよくなることによって回復します。そのときに、一種のショック状態になって動作不良につながるケースがあります。

業者の掃除で故障したときの保証は?

業者のミスによる故障については、基本的には保証してもらえます。

ただし、古かったりほこり・よごれが溜まったりしているエアコンだと、掃除後に故障しても業者に修理してもらえない場合があります。

エアコンの劣化や掃除してきれいにしたことが原因でエアコンが故障したときは、業者の作業自体には問題がないからです。

補償範囲が気になる方は、エアコン掃除を業者に依頼するときに詳細をよく確認しましょう。

故障の確認方法

エアコン掃除のあとにエアコンをつけて、調子がおかしかったり動かなかったりする場合は、以下を確認して原因を探りましょう。

エアコン本体が動くか?

エアコン本体の反応がない場合は、電装部分が濡れてしまった可能性があります。

ほかには、エアコン本体の「コンセントがしっかりと入っているか」「ブレーカーが落ちていないか」も確認しましょう。

リモコンが反応するか?

エアコン本体に電源が入っていたら、リモコンの状態を確認してみましょう。リモコンを押しても反応しないときは、電池切れか、リモコンの電波を飛ばすLED部分が故障している可能性があります。

室外機は動くか?

室外機の掃除をしていなければ原因となることはほとんどありませんが、念のために確認をしましょう。

エアコンの電源が入っていることを確認してから、室外機の動きを確認してください。室外機が動かない状態が続いているときは、エアコンの調子に影響します。

まとめ

自分でやると不慣れな作業が続くので、壊してしまうリスクが少なからず発生してしまいます。作業の保証もないので、壊してしまったときは「最初から業者に頼めばよかった...」なんてことにもなりかねません。

手堅くエアコン掃除を行いたい方は、業者への依頼を検討しましょう。自分で壊してしまったときと比べると、余計な費用や時間、手間がかからずにすみます。

ハウスコンシェルジュの
公式HPを見る
電話で問い合わせる