プロが教える、主夫が学ぶ 家掃除の悩みをまるっと解決!おそうじ大百科 » プロVS主夫 エアコン掃除対決! » カビ掃除を対決

カビ掃除を対決

どうも!専業主夫です!いま家掃除の勉強中の身です。今回は、エアコンの取れないカビ掃除に挑戦。

気になりながらも掃除せずそっとしておきがちなエアコンですが、家庭の掃除ではどこまでできるのか頑張ってみたいと思います。

エアコンの取れないカビを掃除する手順

エアコンの取れないカビ掃除に使用した道具

エアコンの取れないカビ掃除をレポート

エアコンのフィルターを外す

エアコン内部

エアコンの取れないカビ掃除をするにあたって、まずはエアコンの中にあるフィルターを外していきましょう。

何気に引っ越してきてからずっと放置してきたエアコン。中にはたくさんのホコリが付いていました…。

これを吸っていたと思うと怖いですね。見てみないふりをしているうちに、こんなことになるのかと反省です。

エアコンのフィルターの掃除をする

フィルター

エアコンの内部のフィルターは、簡単に外すことができました。うちのエアコンの場合は全部で2枚。

フィルターにもたくさんのホコリが付いていました…。長年の蓄積だと思うと、少し感動すら覚えます。(?)

簡単にからぶきで拭きとることができるかな?と思いましたが、これが意外と頑固。

ちゃんと買ってきたエアコン洗浄スプレーできれいにしました。

エアコンのフィンを掃除する

フィン

フィルターを掃除した後は、フィンを掃除しよう!そう思ったのですが、フィンを掃除するにはエアコンを養生したうえで大量の水が必要になるようです…。

中にはカビとホコリが入り混じって見えるのですが、エアコンを壊すわけにもいかずここでギブアップ。

フィルターだけでもホコリだらけだったと思うとぞっとしますが、今回はここで諦めることにしました…。

エアコンの送風をする

リモコン

エアコン洗浄スプレーで洗ったあと水で流したフィルターは、乾いた布でよーく拭きましたが、途中からエアコンの送風のほうが早いのでは?と気づきました。

というわけで、送風のまましばらく放置。心なしか、エアコンから吹く風が気持ち良いような?とはいえ、カビの臭いはいまいち取れていない感じがします…。

エアコンの取れないカビ掃除をした結果

悩む専業主夫

その後、改めて奥様に聞いてみたところ、「まだカビ臭いと思うよ…」と優しいながらも厳しいご指摘をいただいてしまいました。

これでは専業主夫失格。僕としてもフィルターがきれいになった分、フィンに残されたホコリとカビが逆に気になるように。

フィルターは定期的にお掃除するとして、エアコンの更に内部のお掃除をしなければ…と決意を新たにいたしました。

エアコンの取れないカビ掃除の方法をプロが解説

ここからは、ハウスクリーニング業者であるハウスコンシェルジュの皆さんに、エアコン掃除の解説を聞いてみましょう。

今回フィルターのお掃除はできたのですが、結局フィンのお掃除ができず、エアコンのカビは取れないまま終わってしまったんです。

エアコンの取れないカビ掃除を解説

フィンの掃除はご家庭でも頑張ればできなくもありませんよ。ただし、エアコンのメーカーによって分解の仕方も異なるので、間違った掃除の仕方をすると故障の原因ともなります。

また、どうしてもご家庭で養生までして掃除しても、汚れを落としきれなかったり、洗剤を水で流しきれなかったりと、かえってカビの原因を作りかねません。

エアコンの内部に溜まったカビはそもそも頑固で落としにくいので、そこはプロに依頼してきれいにしたほうが、掃除後のカビの発生も防ぐことができますよ。

ハウスコンシェルジュとは

お掃除サービス内容

創業から55年以上の実績を持つ、大手洗剤メーカーのハウスクリーニングブランドであるハウスコンシェルジュ。

洗剤や掃除を知り尽くしたプロフェッショナルによる、高品質でキメ細やかなハウスクリーニングが評判です。

掃除だけでなく、相談があれば身の周りのどんな小さな困りごとでも対応可能となっています。

ハウスコンシェルジュのエアコン掃除を見てみる

エアコンのカビができやすい箇所

フィン

フィンとは、エアコンの奥まったところにある金属板。

プレフィルターの奥にあるのですぐに汚れる部分ではありませんが、徐々に溜まった汚れにカビがつき、いつの間にかフィン全体に広がっていた…というケースも少なくありません。

また、フィンは空気の温度を調整する役目を持っているため、汚れがつくとエアコンの性能がダウンすることもあります。

送風ファン

エアコンの空気を送るための装置が送風ファンです。とくに冷房の空気でファンが冷えたあと、エアコンを停止すると結露が発生。

そのまま結露の水分がついたままになっているとホコリや雑菌がつき、カビが発生しやすくなります。

送風ファンにカビが生えると、カビ菌が含まれた空気が部屋中に蔓延することになるので注意が必要です。

ドレンパン

ドレンパンとは、フィンの下にある受け皿。冷房運転時のフィンに発生した水分を受けるためのもので、常に濡れているため汚れが溜まりやすい部分となっています。

この水分や汚れを掃除しないとドレンパンから水が漏れたり、カビや悪臭の原因となることがあります。とくに冷房運転の多い夏場は水が溜まりやすいので、こまめな掃除が必要です。

エアコンのカビ掃除のポイント

専用クリーナーでフィンを掃除する

エアコン掃除には、市販されているフィン専用のクリーナーが便利です。

まず手前にあるフィルターを掃除機・ぞうきんなどでキレイにし、その後フィン全体にクリーナーをまんべんなく吹きつけます。

そのまま10分ほど放置してからフィルターをセットし、全面パネルを閉じればクリーニング完了です。

送風ファンのカビを退治

エアコンの中でも汚れが溜まりやすく、カビも発生しやすい送風ファン。この部分の掃除には、ファン専用のクリーナーを使用すると良いでしょう。

使い方は簡単で、ファンにクリーナーを吹きつけて、しばらく置いてから拭き取るだけ。

クリーナーでも落としきれない細かい汚れは、綿棒を使って優しく擦り落とすと良いでしょう。

アルコール消毒でカビを防ぐ

エアコンから出るイヤな臭いの原因はカビなので、掃除のあとにしっかり除菌対策をしておくことが大事。

カビはアルコールに弱いため、消毒用エタノールを含ませたクロスや、除菌用のウェットティッシュなどで仕上げの拭き掃除をしておくと良いでしょう。

エアコンのカビ掃除の注意点

エアコン掃除で必ず最初に行ってほしいのが、コンセントを抜く作業。

電源が入った状態だとうっかりエアコンを作動させてしまうことがあり、思わぬケガや事故になる恐れがあります。

また、ある程度の部分までは自力で掃除できますが、奥まった部分の掃除は分解しないと対応できません。

素人がエアコンの分解を行うのは非常に危険なので、専門業者に依頼するようにしましょう。

カビ掃除に効果的だとされる洗剤の種類

エアコン専用クリーナー

エアコン掃除の専用クリーナーには、フィン用とファン用があります。掃除したい部分に合わせて使い分けるようにしましょう。

フィン用のクリーナーはサラッとしたスプレーとなっており、汚れはそのまま排水ホースへ流れるようになっているため、洗い流す手間がありません。

ファン用は泡やムース状になっていることが多く、吹きつけた場所に留まってしっかりとカビ・汚れを分解してくれます。

消毒用エタノール

アルコール消毒に使われる、消毒用エタノール。水や油にもなじみやすく、安全性も高いので、エアコン掃除にはピッタリのアイテムです。

また、カビのたんぱく質はアルコールで分解されるという特徴があるため、消毒用エタノールで拭き掃除をしておくとカビの発生や臭いを抑えることができます。

中性洗剤

掃除用の中性洗剤は、エアコンカバーやフィルターなどの掃除に利用できます。

ホコリなどの汚れはもちろん、タバコのヤニ、キッチン付近のエアコンについた油煙にも効果的です。

中性洗剤は食器用のものでもOKなので、水で薄めたものをぞうきんなどに含ませ、軽く拭き掃除をすると良いでしょう。

エアコン内部にカビができる原因

温度

カビが発生しやすい温度は20~30℃。この温度は人間が快適に生活できる温度と一致しているため、エアコンによって調整された家の中はカビの繁殖にうってつけの環境です。

エアコン内部の温度と室温は多少異なりますが、それほど大きな差はないため、エアコン内部もカビが発生しやすい環境の1つであるといえます。

湿度

エアコンを作動させると温風と冷風が触れ合うため、内部に結露が発生しやすくなります。

発生した結露は排水ホースへ流れて排出されるのですが、排出されずに残ってしまうものもあり、それが湿度を上昇させる原因となります。

湿度が高いほどカビは発生しやすくなるため、エアコン内の湿度をできるだけ下げることが大切です。

ホコリや汚れ

運転中のエアコン内部は空気が常に流れているため、空気中のホコリ・キッチンから出た油煙・タバコの煙などにさらされています。

これらがエアコンに付着するとカビの栄養となり、温度・湿度の上昇とともに爆発的に増殖することになります。

エアコンのカビを予防するためには

エアコンのカビを防ぐには、まず内部の温度と湿度を下げることが重要です。

とくに冷房後は結露ができやすいので、冷房を切ったら1時間ほど送風運転を行うと良いでしょう。内部についた水分が蒸発し、カビの予防につながります。

また、室内の空気にカビ菌があるとエアコンにもカビが生えやすくなるので、室内を清潔に保つことも大切です。