プロが教える、主夫が学ぶ 家掃除の悩みをまるっと解決!おそうじ大百科 » プロVS主夫 エアコン掃除対決! » エアコンの部位ごとのお掃除

エアコンの部位ごとのお掃除

考える専業主夫

「エアコンに手を付けるなら、せっかくだしすみずみまで掃除したい!」
「けど、わからずに触って壊すのは一番怖い!」
エアコン掃除とは、そんなジレンマとの戦いです。

ジレンマを解消するには、エアコンを知る努力が必要です。壊さずに掃除にするにはまずは知ることから。機械の仕組みを知るってかなり面倒な作業ですが、わかりやすいところからひも解いていくので参考になれば幸いです。

エアコンの部位ごとの役割と付きやすい汚れ

室内機

エアコンと言われてパッと思い浮かぶ、部屋の天井近くについているほうが室内機です。まずは、室内機の部品から見ていきます。

フィルター

エアコンの外枠をはずすと、すぐにある部品です。網目状のパーツで、エアコンが空気を取り込んだときに室内機にほこりが入るのを防ぐ働きをしています。

人間が使用するもので言うと、マスクのような働きをしているフィルター。エアコンを使う機会が多いほど、時間の経過とともに多くのほこりがフィルターに付着していきます。

フィルターにほこりが溜まると、空気の流れが悪くなって、エアコン本来の性能が発揮できなくなります。フィルター掃除は比較的、素人でもやりやすい部品です。

熱交換器

高いところから低いところへ移動する熱の性質を利用して、室内の空気を涼しくしたり暖かくしたりしている部品です。

熱交換器の材質は、強度や熱伝導性に優れたアルミニウムが使用されています。薄いアルミ板を何枚も重ねることによって、多くの空気に触れられる構造になっています。

冷風を作る熱交換機は結露しやすい部品。結露で濡れたままになるとカビの繁殖につながります。扱いを間違えるとエアコン故障につながりかねない部品です。

クロスフローファン

送風ファンとも呼ばれている筒状の部品です。クロスフローファンが回転して風を発生させることで、室内の空気が循環する流れを生み出しています。

ファンの羽に汚れやほこりが巻き込まれてそのままファンに溜まっていきます。

吹き出し口・ルーバー

エアコンの冷風・温風が吐き出される部分です。吹き出し口についている、風向きを変更するためのパーツをルーバーと呼びます。吹き出し口・ルーバーは、湿度が高いときは黒くてポツポツとした黒カビが発生しやすいです。

エアコンの冷風・温風の通り道であるこの部分の掃除を怠ると、部屋中に汚れた空気を放出してしまうことになります。

室外機

家の外に置かれている外の空気と中の空気を調整する機械。アパートだったらベランダや外廊下に設置されていることも多いです。

熱交換器

室外機にも、熱交換器が組み込まれています。冷房時には、冷媒から外の空気へと熱を移す役割を持っています。

圧縮機

空気は、圧縮すると温度が上がる性質を持っています。冷房時には、圧縮機で冷媒を圧縮して外の気温より高温な状態にすることで、室外に熱を逃がすことができるようになります。

室外機は外に設置されているので、時間の経過とともに砂、土、枯れ葉などの汚れ・ごみが蓄積していきます。

空気の通り道である吸い込み口や吹き出し口が目詰まりしていると、強い力でファンを動かして空気を回さなければなりません。結果、エアコンの効率が悪くなったり故障につながったりしてしまいます。

熱交換機や圧縮機が本来の性能を発揮できるようするために、室内機だけでなく室外機の掃除も忘れないようにしましょう。

手が届かない内部に汚れが溜まっていて異音がする場合には、室外機を分解することになります。この場合は、室外機の掃除ができるクリーニング業者に依頼をしましょう。

不安な場合は専門業者へ

基本的には、一般の方ができるエアコン掃除は、表面上を拭いたり簡単に取り外しができるパーツをきれいにしたりするところまで。

エアコン内部の掃除となると、エアコンを分解することになるので、正直自分でやっても100%大丈夫と保証はできません。エアコンの本格的な掃除をしたいときは、エアコン掃除の経験を持つプロにお願いしてきれいにしてもらいましょう。

プロと素人の
エアコン掃除対決を見る

エアコンの部位別・掃除のチェックポイント

ここでは、自分でできる範囲のエアコン部位を掃除するうえでのチェックポイントを紹介します。

エアコンを掃除する前に

エアコン掃除をする前には、故障や感電を防ぐためにも、コンセントを抜くことを忘れずに行ってください。室内機だけでなく室外機を掃除するときも、もちろん同じです。

また、椅子や踏み台に乗って掃除をするときは、足元の安全をよく確認しましょう。

掃除中にほこり・汚れが舞い散りそうなときは、マスクや安全めがねを装着して身体に入らないようにしてください。

フィルター

1. フィルターを外す前には掃除機をかける

フィルターに多くのほこりが付着しているときは、室内機から外す前に掃除機をかけましょう。そうすることで、ほこりが空気中に舞ってしまうのを防ぐことができます。

室内機が空気を吸い込んだときに、多くのほこりがつくのがフィルターの表側です。この状態で裏側から掃除機をかけると、表側のほこりがフィルターの目に入り込んでしまいます。

表側、裏側の順番で掃除機をかけるようにしましょう。

2. フィルターを外すときの注意

フィルターの骨組みは、薄くて細いプラスチックです。強い力を掛けて折ってしまわないように、慎重に外しましょう。

3. 水で流すときは裏側から

掃除機で取り切れないほこりを、水で流して取っていきます。フィルターに水をかけるときは、掃除機とは逆の裏側からとなります。裏側からほこりを押し出すようなイメージです。

4. しっかりと乾かす

濡らしたフィルターは、風通しの良い日影に置くなどして十分にフィルターを乾かしましょう。生乾きの状態だと、菌が発生したり、汚れが付着しやすくなったりします。

吹き出し口・ルーバー

1. ルーバーを動かすときは慎重に

吹き出し口を掃除するときは、手で動かしてルーバーを開いた状態にします。ルーバーの可動部が固いときは、無理に開けようとして壊さないように気をつけましょう。

2. お掃除棒は優しく使う

吹き出し口にはルーバーがついているので、奥の掃除がしにくいです。なので、お掃除棒(割りばしを工夫した掃除道具)を作って使用するときがあります。

そのときは、ほかの内部パーツを傷めないためにも、お掃除棒が届く範囲をよく確認してから、丁寧に掃除するようにしましょう。

室外機

1. 下から水をかけない

汚れが落ちにくい場合は水を使って掃除をしますが、このときには注意が必要です。

室外機は、雨のような上からの水は防げます。しかし、下からの水の侵入は想定された作りにはなっていません。内部に水が入ると故障につながる恐れがあるので、下から水をかけないように気をつけましょう。

サイト監修:ハウスコンシェルジュ

お掃除サービス内容

創業から55年以上の実績を持つ、大手洗剤メーカーのハウスクリーニングブランドであるハウスコンシェルジュ。

洗剤や掃除を知り尽くしたプロフェッショナルによる、高品質でキメ細やかなハウスクリーニングが評判です。

掃除だけでなく、相談があれば身の周りのどんな小さな困りごとでも対応可能となっています。

ハウスコンシェルジュのエアコン掃除を見てみる

ハウスコンシェルジュの
公式HPを見る
電話で問い合わせる