プロが教える、主夫が学ぶ 家掃除の悩みをまるっと解決!おそうじ大百科 » プロVS主夫 エアコン掃除対決! » エアコンの部位ごとのお掃除 » エアコンカバーの掃除方法

エアコンカバーの掃除方法

エアコンのカバーは、本体を覆っているバーツです。エアコン内部に多量のカビが発生しているときは、カバーにも汚れが付着していることでしょう。

カバーを外してしまえば、掃除がしやすくなり、きれいな状態を保てます。

また、エアコン内部を掃除する際にも、カバーを取り外す工程が必要です。エアコン掃除に前向きな方は、外し方を覚えておいて損はありません。

本体カバーを自分で掃除する方法

まずは、カバーを取り外すところから掃除がスタートします。エアコンは高い位置にあるので、外すときは、脚立・イスなどの足場となるものを用意しておきましょう。

足場が安定していることを確認してから、作業をおこなってください。

カバーをきれいにする

カバーを取り外したら、汚れ具合を確認します。

ほこりが多く付着しているときは、掃除機で吸い取ります。掃除機では取れない黒いカビ汚れなどは、水で流します。しつこい汚れは、中性洗剤を使ってスポンジなどで落としていきます。

エアコンのカバーは、大きくて横幅があります。掃除するときは、浴室ように水洗いしやすくある程度スペースのある場所でおこないます。

カバー以外も掃除をしよう

カバーが汚れているときは、ほかの部分も汚れている可能性があります。エアコンのカバー掃除をおこなう際は、ほかの部分もまとめて掃除した方が良いでしょう。

一般の方でも、掃除がしやすい部分としては、フィルターやルーバー(エアコンから出る風向きを変えるパーツ)が挙げられます。

定期的にカバー、フィルター、ルーバーを掃除することで、

などへの改善効果が期待できます。

カバーの外し方

ここでは、おおまかなカバーの外し方を紹介します。メーカーによって、エアコンのつくりはさまざま。実際にカバーを取るときは、取扱説明書などで構造をよく確認してから作業をおこなってください。

また、カバーを外すときは、無理に取り外そうとして壊さないように気を付けましょう。力の掛ける方向が合っていれば、外すときに大きな力は必要ありません。

  1. エアコンのコンセントを抜いて、電源が入っていない状態にする。コンセント付近のアース線も、プラスドライバーを使って外す
  2. カバーが止まる位置までゆっくりと上へ開ける
  3. パネルの付け根にあるストッパーを手前側に引っ張る
  4. パネルをゆっくりと上に持ち上げて、カバーを取り外す

本体をマルっと覆うエアコン掃除用カバーもある

エアコン掃除用品の中には、エアコンの掃除用カバーや洗浄カバーと呼ばれているものがあります。

エアコン内部を、洗浄スプレーや洗浄機を使って掃除するときに活躍するアイテムです。

エアコン掃除用カバーは、本体カバーを外した状態のエアコンに、被せて使用します。このカバーには排水ホースがついていて、使用した洗浄液がここから排出されるつくりとなっています。

本格的なエアコン掃除をおこなう人向け

エアコン内部の掃除の難易度は高めです。水を使用する場合は、一気に故障のリスクが高まるので、エアコン掃除の初心者にはおすすめできません。

エアコン掃除用カバーは、高度なエアコン掃除を行うときに使用することになります。

まとめ

エアコンのカバーをきれいにする掃除方法はいたって簡単。合わせて、フィルターやルーバーの掃除も行うとより効果的です。

ただし、エアコンのカバーに目立つ汚れがついているときは、エアコン内部も汚れている可能性があります。エアコン内部の汚れは、カビ、アレルギー、臭いのもと。

汚れを取り除くためには、エアコン内部を掃除しないといけません。

とはいえ、エアコン内部の掃除は難しく、少しのミスで故障に繋がるリスクがあります。もし、エアコン内部をキレイにしたいときは、プロの掃除業者に依頼した方が良いでしょう。

ハウスコンシェルジュの
公式HPを見る
電話で問い合わせる