プロが教える、主夫が学ぶ 家掃除の悩みをまるっと解決!おそうじ大百科 » プロVS主夫 エアコン掃除対決! » エアコンの部位ごとのお掃除 » エアコンのルーバー掃除方法

エアコンのルーバー掃除方法

エアコン掃除をしようと思うきっかけになりやすいのが、エアコンのルーバー。エアコン内部と違って、簡単に目にできるので余計に汚れが気になりますよね。

ルーバーを確認した際、多くのカビが付着していたら、エアコン全体が汚れているサイン。まずは、自分の手で掃除がしやすいルーバーをきれいにすることから始めてみましょう。

ルーバーを自分で掃除する方法

掃除で使う道具

ルーバー掃除をするときは、以下の3つを用意してください。

スプレータイプのエタノール

ルーバーについたカビを除去するために、エタノールを使用します。選ぶときは、蒸発速度が程よい(カビの除去に効果的)エタノール80%、水分20%くらいの商品を選びましょう。

「消毒ならアルコールでもいいのかな?」と思うかもしれませんが、アルコールにはカビを除去する効果はありません。必ずエタノールを用意してください。

ティッシュ

エタノールを含ませて、ルーバー掃除に使用。ある程度カビが付着したら、そのまま捨てることができますよ。

脚立・イス

エアコンは高い位置にあるので、足場が必要です。安定している脚立・イスを使用しましょう。

ルーバー掃除の手順

  1. エアコンのコンセントを抜いて、電源をOFFにする
  2. 閉じている状態のルーバーを、手でゆっくりと開ける
  3. ルーバーにエタノールを少量吹きかける
  4. ティッシュで汚れを拭き取る

ルーバー掃除の手順は以上ととても簡単です。エアコン掃除に慣れていない方でも、問題なくおこなえるのはありがたいですよね。

注意点としては、同じティッシュをずっと使い続けないこと。多くのカビ汚れがついたティッシュを使い続けると、きれいな場所にも汚れが移ってしまいます。

ティッシュが汚れたら、こまめに交換しましょう。

難易度アップ!ルーバーを取り外す

ルーバーが取り外せると、掃除がしやすくなります。ですが、すべての人におすすめする方法ではありません。ルーバーの劣化や取り外すときの力加減によっては、壊れる可能性があるからです。

ルーバーを取り外すときは、無理して外そうとしない、難しさを感じたら外すことをあきらめるの2点を、忘れないようにしてください。

ルーバーの取り外し方

  1. ルーバーの中心部のはめ込み部分を慎重に外す
  2. ルーバーを少しだけ曲げて、左側の軸部分を抜き取る
  3. 右側の軸部分は抜き取れる角度が決まっているので、動かしながら角度を探して取り外す

ルーバーの掃除で変わるエアコン

ルーバーは、あくまでもエアコンが作った風の通り道です。エアコンがカビ臭い・ほこり臭い・酢のようなすっぱい臭いがする。という場合、原因の多くはエアコンのもっと内側にあると考えましょう。

ルーバーをきれいに掃除したからといって、臭いが大きくは改善しないことがほとんどでしょう。しかし、ルーバーの汚れから、エアコン内部の掃除の必要性を感じることも可能です。

汚れているエアコンを掃除して期待できる効果は、

などがあります。

確認しやすいルーバーを見て、エアコン内部の汚れ具合も意識するようにしましょう。

定期的にルーバーを掃除しよう

汚れは、時間が経って蓄積したものよりも、初期の方がきれいにしやすいのは言うまでもありません。

日常では、エアコンの風から臭いを強く感じたり目に見える汚れが確認できなければ、エアコン掃除を意識することはなかなかないはず。

ルーバー掃除を習慣化することで、ルーバーがきれいになるだけではなく、エアコン汚れにいちはやく気づくきっかけにもなります。

まとめ

ルーバーの掃除は、そこまで難しくなく時間も掛かりません。一般の人でも掃除がしやすいので、エアコンの汚れが気になるときの第一歩としてオススメです。

ただし、本格的にルーバーを取り外して洗う場合は、軸部分が壊れやすいので注意が必要です。少しでもルーバーの取り外しに不安を感じたら、無理におこなわないようにしましょう。

ハウスコンシェルジュの
公式HPを見る
電話で問い合わせる