プロが教える、主夫が学ぶ 家掃除の悩みをまるっと解決!おそうじ大百科 » キッチンのお掃除に挑戦! » 網戸のお掃除

網戸のお掃除

網戸汚れの原因とは?

網戸の汚れの原因はひとつではありません。さまざまなものが網戸の汚れの要因となります。家の外のものや家の中のもの、そして、私たち自身が汚れの原因になっていることも。まずは汚れの原因をご紹介します。

家の外に原因があるもの

網戸が汚れているときにまず考えるのは、家の外にある汚れかもしれません。たとえば、外から風と一緒に網戸に吹き付ける土埃(つちぼこり)です。自動車の排ガスや工場の煙も網戸の汚れにつながります。化学物質が網戸に付いていると思うと、すぐにでも掃除したくなるかもしれません。

季節や地域によって網戸を汚すものもあります。春先であれば、花粉が網戸に付着。エリアによっては黄砂や火山灰で網戸が汚れることもあるでしょう。ある日突然網戸がひどく汚れていることもあり、驚くかもしれません。

家の中に原因があるもの

家の中で発生するものが、網戸を汚すこともあります。たとえばタバコのヤニです。窓ガラスや壁紙にヤニが付くのと同じように、網戸もタバコのヤニで汚れます。キッチンであれば調理油が原因です。油をずっとそのままにしておくと、こびりついて取れなくなります。

換気の悪いところだと、網戸にカビが発生することも。日あたりが悪くてジメジメした状態が続くと、カビが発生しやすいでしょう。

手垢も汚れの原因になる

人間が触ることによっても網戸が汚れていきます。盲点となるのが手にある油分です。手垢として網戸に付きます。庭仕事をした手で網戸を触ると、土で網戸が汚れることも。土いじりをしたあとなどは、外で手を洗ってから網戸を触るのが良いでしょう。

網戸掃除に必要なもの

網戸のお掃除には、以下の道具を使います。

重曹

家の中のさまざまな場所を掃除できます。研磨力に優れていて、汚れを取りやすいのが特徴です。弱アルカリ性の成分なので、油性の汚れに作用。臭いを消す効果もあります。タバコやペットの臭いが改善されるでしょう。

メラミンスポンジ

スーパーや100円ショップなどでも売っています。使いやすいサイズに切り取って使ってください。スポンジのようですが、汚れを簡単に落とせると好評のアイテムです。網戸だけではなく、家のなかのいろいろな場所を掃除できるでしょう。水分を含ませて使用します。洗剤は必要ありません。

スプレーボトル

重曹水などを網戸に吹きかけるときに使用します。100円ショップなどで売っているもので大丈夫です。市販の洗剤のボトルを洗って再利用することは避けましょう。スプレーボトルがなければ、バケツや洗面器に水や重曹水を入れて、タオルなどで網戸を掃除できます。化学反応を起こす危険があるので、注意してください。

新聞紙や大きめの広告

網戸の裏側に張り付けたり、床が汚れないように敷いたりできます。掃除方法に合わせて登場するアイテムです。床に敷く場合、タオルなどのほうが適している場合もあります。作業に合わせて選んでください。

ハサミやカッター

メラミンスポンジを使いやすいサイズに切り取ります。新聞紙や広告を網戸に張り付ける際にも、サイズを調整できるでしょう。すでにサイズがぴったりの場合は必要ありません。

手袋

手が汚れないように着用できます。とくに洗剤や重曹水を使う場合は使うと良いでしょう。冬に水を使って網戸を掃除する場合も使えます。

掃除機

網戸のホコリを吸い取るのに便利です。家の外で網戸を掃除する場合、ハンディタイプの掃除機がいいかもしれません。網戸を傷つけないように、軽めのものを選べます。誤って網戸の上に落とすことがないようにしましょう。ポイントとなるのは、重曹とメラミンスポンジです。最低限この2つがあれば、ある程度の汚れを落とせます。

網戸掃除の方法やコツ

掃除機で汚れを吸い取る

部屋の掃除をしたついでに網戸を掃除機で掃除することもできます。ササッと掃除機をかけるだけでも掃除機に付いたホコリをきれいにできるでしょう。

掃除機での掃除の効果を高めるためには、汚れをしっかり吸引できるように工夫することが大切です。掃除機をかける反対側の面を新聞紙や段ボールなどで覆うようにしましょう。テープなどで固定したり、誰かに押さえてもらったりといった方法もあります。そうすることで、空気の逃げ場がなくなり、網戸に付いている汚れをしっかり落とせます。

重曹水で網戸をきれいに

重曹水は掃除に欠かせないアイテムです。200CCの水に対して必要な重曹の量は小さじ1杯です。スプレーボトルに入れて、まんべんなく網戸に吹きかけるのもいいでしょう。重曹が網戸の汚れに働きかける時間を取るために、しばらく待ちます。

時間が経ったら網戸をタオルで拭き取ります。タオルに汚れが付いているのが分かるでしょう。タオルの代わりに使えるのがメラミンスポンジです。よりきれいに網戸の汚れを取ることができます。メラミンスポンジのカスが網戸に付いている場合、きれいに取りきるのを忘れないようにしましょう。

ストッキングの活用法

使わなくなったストッキングを使う掃除方法もあります。ストッキングを捨てる前にぜひ試してみてください。ストッキングだけだと掃除しにくいため、履かなくなった靴下などもあるといいでしょう。

ストッキングに靴下などの布状のものを詰めて持ちやすくします。ある程度の大きさにしたら、スポンジや折りたたんだタオルのようにして網戸の汚れを拭き取ります。水につける必要はありません。静電気の働きでゴミを静電気に吸着させます。

吸着シートで簡単お掃除

手間をかけずに簡単に掃除したい人におすすめなのが吸着シートです。スーパーやドラッグストアなどで買える掃除用シートを使います。床掃除用のペーパーモップに吸着シートをセットしましょう。

床掃除や窓ふきの要領で吸着シートを使って網戸を掃除していきます。塵やホコリを取るのに優れている吸着シート。シートが真っ黒になるくらい汚れが取れるかもしれません。

網戸の掃除を行なう時の注意

ゴム手袋必須!

メラミンスポンジは研磨剤と同じ効果があるため、擦っている間に皮膚を傷付けている可能性があります。そのため掃除をする際は、必ず手袋を着用しましょう。きちんと力が入るように、ゴム手袋をするのがおすすめです。

また、重曹のアルカリ性で皮膚を傷めることもあります。油性の汚れを取るだけでなく、皮膚の油分も奪われてしまうからです。スプレーボトルで重曹水を作る際は直接重曹水に触れる機会は少ないかもしれません。バケツや洗面器を使う際は手袋を使うのがおすすめです。

力を入れすぎない

網戸は破れやすいので、落としにくい汚れがあっても力を入れすぎないようにしましょう。特にメラミンスポンジは柔らかく安全に見えますが、ヤスリと同じ効果があります。強く擦ると網戸が傷付き、匂いなどが付きやすくなるため注意が必要です。

網戸掃除の頻度

網戸の掃除は、最低でも半年に1回のペースで行いましょう。雨風や花粉、タバコの煙などが付着していますので、小さな子どもやペットがいる家庭ではもっと頻繁に行うのもおすすめです。定期的に掃除をしないと、喘息やアレルギーなどの疾患を招く原因にもなるでしょう。

どうしても半年に1回のペースで掃除ができない場合は、窓拭きをすれば網戸が汚れるスピードを抑えられます。窓の汚れが網戸に移るのを防げるためです。ただ一番のおすすめは半年に1回の網戸掃除ですので、室内の掃除のついでに行ってみてください。

どうしても汚れが落ちないときは?

網戸の汚れに合わせてさまざまな掃除方法を試せます。重曹水を吹き付けて汚れを浮き上がらせる方法もおすすめです。忙しさによって掃除のルーティンを決めてもいいでしょう。吸着シートでササッと汚れを取るだけなら、掃除の負担を減らせるかもしれません。

いろいろ試しても網戸の汚れが落ちないときは、ハウスコンシェルジュを試してみてください。掃除のプロがこだわりの洗剤や道具を使って掃除をします。顧客対応や笑顔での接客を大事にするクリーニングサービスです。掃除の悩みを解消してくれます。

ハウスコンシェルジュの
公式HPを見る
電話で問い合わせる