プロが教える、主夫が学ぶ 家掃除の悩みをまるっと解決!おそうじ大百科 » キッチンのお掃除に挑戦! » 五徳のお掃除

五徳のお掃除

五徳をキレイにするには

ガスコンロの「五徳」部分は汚れが付きやすく、かつ汚れが焦げ付いてこびりつきやすい場所です。調理中に気になることが多く、時間がなく後回しにとなるうちにどんどん汚れが溜まる危険な場所でもあります。まずは溜まった汚れを効率よく落とし、その後は日頃のお手入れで汚れを防ぎましょう。

ホーロー製かステンレス製か

まずはお家の五徳の型を確認しましょう。黒など濃い色の塗装がホーロー、シルバーのものがステンレス製です。ホーロー製を一般的な家庭にも多く、イメージが付きやすいのではないでしょうか。

ステンレスは耐久性があり、見た目もすっきり美しいのですが、加熱による変色が目立ちやすいのがデメリットです。また、掃除には専用のクリーナーが必要です。

一方ホーロー製は汚れが目立ちにくいのがメリットですが、そのためつい長期間汚れを放置してしまうことになります。塗装が剥がれて錆びてしまわないうちに掃除をしましょう。

幸いホーロー製五徳のお手入れは簡単です。以下、ホーロー製の掃除方法を順に説明します。

いずれの場合も重曹は欠かせません。

軽い汚れは重曹水スプレー

まずキッチンペーパーに食器用中性洗剤を染み込ませて汚れを拭いてみます。これで落ちれば問題ありませんが、難しいようであればスプレーポンプに水100ccと重曹小さじ1を入れて良く振ったものを汚れに吹き付け、布などで軽く擦っていけばきれいになります。重曹は研磨剤としての作用があるのでこびりついた汚れに効果を発揮するのですが、擦りすぎると塗装に傷ができてしまうので、やさしく擦ることが大切です。きれいになれば水拭きをし、乾かせば終了です。

部分的なこびりつき汚れは重曹パック

重曹100gに対し、40度ほどのぬるま湯50ccを少しずつ加え、よくかき混ぜてペースト状にします。五徳の汚れた部分を覆うようにペーストを塗り、その上から乾かないようラップをして1時間ほど放置します。ラップを外して様子を見、汚れがペーストの表面にしみ出していれば歯ブラシなどで軽く擦っていきます。覆ったラップを使って擦っても大丈夫です。汚れが落ちればペーストを水洗いでしっかり落とし、乾かします。

中程度の汚れはつけ置き洗い

重曹水スプレーで落ちない汚れは重曹水につけ込む方法をとります。五徳がすっぽり収まるサイズの洗い桶か洗面器に、40度程度のぬるま湯1リットルに対し重曹大さじ34杯を入れ、よくかき混ぜて溶かします。(丁度よい大きさの桶が無ければシンクに止水蓋をしてお湯を溜めるか、大きなビニール袋を利用しましょう。)

重曹水の中に五徳を入れ、汚れ具合にもよりますが、おおよそ30分から1時間、汚れが白く浮き上がってくるまでつけ込みます。浮き上がった汚れをメラミンスポンジか歯ブラシで軽く擦っていけば簡単にきれいになります。汚れが落ちたら水洗いをし、乾いた布やキッチンペーパーで拭いて乾かします。

頑固な汚れは重曹水煮沸

見るからにつけ置き洗いでも落ちなさそうな汚れであれば、煮沸掃除をしましょう。

五徳が入る大きさの鍋に、水1リットルに対し重曹を大さじ5強の割合で入れてよく溶かし、五徳を全体が漬かるように入れて強火で沸騰させます。

この際注意することは以下の2点です。

必ず重曹は水で溶かすこと…沸騰水に重曹を入れると激しく発泡するため

アルミ製の鍋は使用しない…黒く変色することがあるため

重曹水が沸騰したら56分ほど煮立たせてから火を止め、手で五徳が取り出せる温度になるまでそのまま3時間ほど放置します。取り出した五徳を鍋の重曹水を含ませたメラミンスポンジで軽く擦って汚れを落とします。この状態でなお汚れが残っていれば、重曹の粉をかけて擦りましょう。その後これまでと同様に水洗いをし、乾かします。

なお、ホーローの塗装が剥がれてしまう怖れがあるので、どんなに汚れていても長時間煮沸しないよう注意しましょう。

また、もしカセットコンロがあればそこで鍋を沸かしてコンロの五徳を一度に煮沸することができますね。

それでも落ちない汚れは?

以上の方法でほぼこびりつき汚れは落ちますが、煮沸の際に水1リットルに対し重曹とクエン酸を50グラムずつ溶かした水を使えば、アルカリ性の汚れも落とせるので効果が高まります。

それでも汚れが残るのであれば、あとは専門の業者に依頼しましょう。

日頃のお手入れできれいな五徳をキープ

せっかくきれいになった五徳はできるだけその状態を保ちたいものです。

掃除後五徳が完全に乾いたら、キッチンペーパーにサラダ油を少量含ませ、全体に薄く塗っておきましょう。汚れが付きにくくなります。

そして普段から、使用後コンロが暖かいうちに、中性洗剤か重曹スプレー水を含ませた布巾やウレタンスポンジでさっと汚れを拭き取っておく、このひと手間だけでこびりつきは予防できます。ただし火傷しないよう、手で触れられる温度になってから拭いて下さい。

コンロは五徳はもちろんのこと、天板も放っておくと汚れがどんどんこびりつきます。五徳掃除のタイミングで、天板も忘れず重曹水スプレーや中性洗剤で拭き掃除をしておきましょう。

ハウスコンシェルジュの
公式HPを見る
電話で問い合わせる