プロが教える、主夫が学ぶ 家掃除の悩みをまるっと解決!おそうじ大百科 » キッチンのお掃除に挑戦! » キッチンタイルのお掃除

キッチンタイルのお掃除

タイルのシミやカビを防ぐために

キッチンのコンロ周りは家中で一番汚れやすい箇所と言っても過言ではありません。油汚れや調理中にこぼれた食物、魚を焼いた際の煤(すす)、洗剤、水はね等々、放っておくとシミやカビの原因となります。しかも放っておけばおくほどこびりついて落とせなくなってしまいます。

最近はキッチンの壁面がタイルになっている家が増えてきました。タイルはクロス壁などと違い、拭き掃除をすれば汚れが落ちやすいので特にコンロ周りにはもってこいです。正しい掃除方法を覚えて、キッチンタイルをいつもきれいにしておきましょう。

タイルの掃除は「タイル」と「目地」の2種類あります。順番に説明していきます。

タイルをきれいに

タイルの掃除方法①準備するもの

この「順番」で準備しましょう。

というのも、軽い汚れなら布巾だけで十分な場合もあるからです。

タイルの掃除方法②基本は水拭き

まずは水拭きです。布巾を水か熱くない程度のお湯で濡らして固く絞り、タイル面の端から端まで丁寧に拭いていきます。ちょっとした油汚れも古くなければこれで落とせます。もし水拭きだけでタイルがピカピカになれば掃除を終了して大丈夫です。これからも小まめに掃除をして下さい。

タイルの掃除方法③洗剤で擦る

水拭きだけで落ちにくい汚れがあれば中性洗剤を少量水で濡らしたスポンジに含ませ、タイルの汚れを擦って落とします。ほとんどの汚れはこれで落ちるはずです。汚れが落ちたら布で水拭きをして、残っている洗剤をしっかり落としましょう。コンロは調理場所なので万一にも食物に洗剤がつかないようにするためが一点。もう一点は洗剤が残っている場合、シミになってしまう素材があるからです。

タイルの掃除方法④重曹を使う

洗剤を使っても落ちない汚れは重曹を使って落とします。重曹はスプレー水かペーストにして使います。お好きな方でどうぞ。

重曹水スプレー

400ccに対して重曹大匙35杯をスプレーボトルに入れて良く振れば出来上がりです。

そのままタイルに吹き付けると全部下に流れ落ちてしまうので、汚れた場所にキッチンペーパーを片手で当て、もう一方の手でスプレーをしっかり染み込むまで吹き付けます。

汚れた箇所をすべてスプレーしたペーパーで覆ったら、乾かないようさらにその上からラップを周りのタイルにくっつけるようにして覆います。その後、数十分放置します。

時間が経ったらラップとペーパーを剥がし、最後に丁寧に布巾で水拭きをして終了です。

重曹の筋がタイルに白く残らないよう注意して拭きましょう。

なお、スプレーの際にどうしても重曹水は下に垂れてしまうので、タイル下に物を置いておかないようにしましょう。

重曹ペースト

掃除に必要な分量が入る容器に重曹3:水1の割合で入れ、よくかき混ぜてペーストを作り、タイルの汚れた部分に直接塗ります。ペーストの上からスプレーの時と同じようにラップをし、放置したあと剥がします。剥がしながら歯ブラシなどで擦っていけばほぼどんな汚れでも落ちていくのが分かるでしょう。最後に水拭きでしっかりペーストを取り去ります。

重曹は食物にも使われるものなので洗剤と違い、安心して使えます。洗剤を使うのが気になる方は掃除方法②の次すぐに④のステップに移っても大丈夫です。

また、手強そうな汚れに対し、いきなり重曹+中性洗剤で作ったペーストを使う方法もあります。割合は重曹2:洗剤1が基本ですが、汚れの度合いにより洗剤の割合を増やしても構いません。ただししっかりタイルに貼りつき、かつ汚れを吸着させるにはある程度の粘り気が必要なので、うまく調整してください。

目地をきれいに

目地の掃除方法①準備するもの

タイルがきれいになった!でもよく見ると目地にも汚れが…という場合は目地の掃除も別途必要です。目地はタイルより汚れを吸着しやすく、しかもタイルより汚れが落としにくいので厄介です。そしてコンロ周りは火を使うので熱がこもりやすく、浴室同様カビにとって適温(25~30)となる時間が長くなります。かつカビの栄養となる油分などが残っていると繁殖の恐れがあります。換気を心がけるとともに栄養となり得る目地の汚れを落として、同時にカビも予防しましょう。

以上を準備しましょう。

※塩素系漂白剤を使用する時は換気を十分に行いながら、が鉄則です。窓を開け、換気扇を回しながら行います。ゴム手袋で手を保護し、ニオイが気になるならマスクもします。小さなお子さんやペットが近づかないよう注意しましょう。また最近はメーカー側の注意により種類は少なくなってきていますが、もし酸性の洗剤が近くにあれば、絶対に混ぜないようにしてください。

目地の掃除方法②漂白剤をつける

汚れている目地部分にペーパーをあて、漂白剤スプレーを吹き付け、漂白剤の説明書きにある放置時間経過後剥がします。長く放置しても効果が増すことはなく、逆に目地を傷めてしまうので時間は守りましょう。だいたい5分から10分くらいですので、重曹の場合と違い、上からラップをしなくとも乾燥することはないでしょう。

目地の掃除方法③拭き取り

ペーパーを外したら汚れが落ちているかを確かめ、もし落ちていない箇所があれば歯ブラシで擦って落とします。歯ブラシは目地を傷めないようやさしく擦ります。最後に布巾(雑巾)でスプレーをした目地部分を叩き。漂白剤を吸着させるようにして拭き取ります。

重曹ペーストでもOK

目地の掃除に塩素系漂白剤を使うのは抵抗がある方は重曹ペーストでも掃除ができます。目地に直接ペーストを塗り込み、ラップして数十分放置後、歯ブラシでやさしく擦って汚れを落とし、念入りに水拭きで拭き取ります。

ただし、既に目地にカビが生えている場合はあまり効果がありません。漂白剤で落とすしかないでしょう。

補修ペンできれいな目地に!

ここまで掃除をすればタイルも目地も汚れは落ちているはずです。それでもなおシミが残ったり、タイルの割れた部分に汚れが染みつき取れない時には、補修ペン(目地修復ペン)を使いましょう。

使い方はとても簡単で、ペンで目地の汚れた部分(タイルの割れ目も)をなぞるだけで白さが戻ります。

ただし年月が経ち、汚れのない部分も全体的に変色している場合は、ペンでなぞった部分だけが白目立ちしてしまうため、面倒ですが目地全体をペンでなぞりましょう。新品のような白さが戻ってきます。

一点注意することは、カビだけはペンを塗る前に漂白剤でしっかりと退治しておくこと。残したままにしておくとまたすぐ繁殖して補修材を突き破ってしまいます。

キッチンタイルは日ごろのお手入れが大切

タイルの掃除方法をまとめてみました。汚れが軽ければ最初に述べた水拭きだけできれいになるのです。気がついた際、布巾で水拭きすることで、結果的に手間や時間の節約となります。面倒な掃除だからついつい後回しにすると汚れがどんどん落ちにくくなる悪循環になってしまうので、是非こまめな水拭きを習慣づけて下さい。

他にもタイルがきれいな状態の時にあらかじめ貼って、汚れてきたら剥がして張り替える透明シートや、折りたたみ式のレンジガードなどを使ってタイルを保護する方法があります。気持ちよく料理ができるように、自分に合うやり方を選んでキッチンをいつも清潔に保ちましょう。

ハウスコンシェルジュの
公式HPを見る
電話で問い合わせる