プロが教える、主夫が学ぶ 家掃除の悩みをまるっと解決!おそうじ大百科 » キッチンのお掃除に挑戦! » 窓ガラスのお掃除

窓ガラスのお掃除

窓ガラスに使う道具

窓ガラスの掃除には以下の道具を使います。

より簡単に掃除できる道具として、新聞紙やストッキングなどもあります。自分の使いやすいものを選んでください。

基本的な窓ガラスの掃除手順

窓ガラスの掃除は、まず窓の内側と外側両面を雑巾で水拭きします。ある程度の汚れは、これだけでも簡単に落とせるでしょう。ただ車道に面していたり、砂が付着している場合は、いきなり水拭きをしないでください。汚れがダマになり、掃除が大変になってしまいます。そんな時は洗剤を付けた雑巾で汚れを落としてから、水拭きを行いましょう。

水拭きで汚れを落としたら、次は洗剤を使って皮脂汚れなどを落としていきます。洗剤は直接吹き付けるのではなく、雑巾やタオルにしみ込ませて使ってください。そうすれば洗剤が垂れて跡として残るのを防げます。どうしても直接スプレーしたい場合は、跡が残りにくい窓専用の洗剤を利用するのがおすすめです。

さらにスクイジーで、窓に残った洗剤や汚れをかき集めます。スクイジーは、ビルのガラス掃除でよく使われる掃除器具です。窓がラスの1番上から横に滑らせ、徐々に下がっていきましょう。それが終わったら、次は縦方向に滑らせていきます。

最後に水気を完全に除去するため、乾いたタオルで拭き上げてください。吸水性の高いマイクロファイバークロスを使えば、窓ガラスに繊維が残ることもありません。ただクロスが汚れていると、ガラス面に傷が付きますので注意しましょう。これで窓ガラスの掃除は完了です。

窓ガラスを掃除するときの注意

1枚ずつ掃除を終える

複数同時に作業を行うと、効率的に掃除ができるように感じるでしょう。ただ、他の拭き掃除をしている間に、他のガラス洗剤が乾いてしまう可能性があります。水も拭き取る前に乾燥すると、砂やホコリが付着しやすくなりますので、窓ガラスの掃除は1枚ずつ行うのがベストです。

洗剤は布に吹き付ける

洗剤を使って掃除をする際は、直接洗剤をガラスに吹き付けてはいけません。窓ガラスは床に向かって垂直に設置してあるため、洗剤が流れて跡として残る場合があります。必ず雑巾やタオルにしみ込ませてから使いましょう。

汚れの原因

窓の内側

ガラスの内側に付く汚れは、皮脂や料理の油、ホコリやヤニなどが多いです。換気や洗濯で窓を開ける時に手に皮脂が付着すると、その上にホコリやゴミがくっ付きます。喫煙者の場合は、タバコによるヤニが付着してガラスを黄ばませることがあるでしょう。そのままにしておくと頑固な汚れとなりますので、頻繁に掃除するのが良いです。

また台所に近い窓には、料理による油汚れが付くことが多いでしょう。蒸気と共に油がくっ付くため、ベタついてしまうのも特徴です。

窓の外側

窓の外側の汚れは、砂や雨、黄砂や排気ガスが原因であることがほとんどです。特に砂はそのままにしておくと、水分を吸収してどんどん固まってしまいます。この状態でゴシゴシ擦ると、ガラスが傷付きやすいので注意しましょう。

また季節や天候によって、ガラスに付着する汚れも異なります。花粉や黄砂、雨の多い時期はガラスも汚れやすくなるでしょう。

さらに道路に面している場合は、車の出す排気ガスによる汚れが付きやすいです。

※概要文

曇りのないピカピカな窓ガラスは、部屋を明るい雰囲気にしてくれます。逆に曇りや汚れが目立つ場合は、日当たりが悪くなり気持ちまで沈んでしまうでしょう。常にきれいな窓ガラスを実現するために、掃除手順や注意点を紹介します。

ハウスコンシェルジュの
公式HPを見る
電話で問い合わせる