プロが教える、主夫が学ぶ 家掃除の悩みをまるっと解決!おそうじ大百科 » キッチンのお掃除に挑戦! » 窓サッシのお掃除

窓サッシのお掃除

窓サッシに使う道具

窓サッシの掃除に必要な道具は、以下の通りです。

使用するのはたったこれだけです。簡単に手に入るものばかりなので、特別な洗剤などは必要ありません。

基本的な窓サッシの手順

窓サッシの掃除手順として、まずは使い古しの歯ブラシで溜まった汚れを擦り落としていきます。固まっている汚れは掃除機で吸い取れないので、この段階でゴシゴシと落としていきましょう。歯ブラシできれいにならない汚れは、爪楊枝や竹串を使うと便利です。

次にメラミンスポンジで水拭きします。あらかじめサッシの幅に合わせてスポンジをカットしておくと良いでしょう。端から端へ押し出すように擦れば、スルッと簡単に汚れを落とせます。スポンジは水で濡らして使いますが、使用中に水分が無くなったら、ペットボトルから継ぎ足してください。

隅々まで汚れを浮かせたら、最後にペットボトルに溜めた水ですすぎましょう。硬く絞ったスポンジですすいだ部分を拭けば、水気も無くなります。外に流せる場合は、そのまま流してしまって問題ありません。マンションやアパートは、外に水を流すと階下に汚れが流れてトラブルの原因となり得ます。そんな時は、いらない布でサッシの水分を拭き取ってください。

上記の方法で落ちない汚れがある時は、アルコールスプレーを使います。汚れが浮き出てきますので、その後いらない布などで拭き取り、水できれいにすすぎましょう。これで窓サッシの掃除は完了です。

しつこいカビを取るには

基本的な掃除で落とし切れなかった汚れを放置しておくと、黒いシミのようなものが発生します。これはカビで、結露のできやすい冬場や湿度の高い時期に発生しやすいです。カビは、歯ブラシや竹串で擦り洗いをしても落とせません。除去のためには、以下の道具を用意しましょう。

重曹とクエン酸は環境や人体に優しく、小さな子どもやペットが居る家庭でも安心して使えます。この2つを混ぜた際に発生する泡には汚れやカビを浮かせる作用があり、気になる部分にしばらく置いてから拭き上げれるだけで落とせるでしょう。

万が一この方法でも除去できなかった場合は、より強力なカビ用洗剤を使う他ありません。

窓サッシの汚れの原因

窓サッシの溝に溜まる汚れは、外からの土や砂ぼこり、排気ガスや花粉などが混ざったものです。また室内からは、ホコリや糸くずなどが入り込むでしょう。そのほとんどが黒く固まっており、一見頑固そうに見えますが、実際に掃除をしてみると案外きれいに落とせます。

またきれいにしにくいカビは、結露や湿気が原因です。家の中でも、特に窓は湿気が溜まりやすい箇所です。もちろん蒸発しなかった水分はどんどん下に向かい、最終的にサッシに溜まります。サッシにこびり付いたカビはきれいにするまでに時間がかかりますが、そのままにしておくとゴムパッキンなどにも増殖してしまいます。カビを見つけた場合は面倒だと思わずに、早めな対処を心掛けてください。

※概要文

つい後回しにしてしまいがちな窓サッシは、ホコリや汚れが溜まりやすい箇所です。ここでは窓サッシの掃除に必要な道具や手順、汚れの原因などを紹介します。これから窓サッシをきれいにしたい人は、詳しくチェックしておきましょう。

ハウスコンシェルジュの
公式HPを見る
電話で問い合わせる