プロが教える、主夫が学ぶ 家掃除の悩みをまるっと解決!おそうじ大百科 » リビングのお掃除に挑戦!

リビングのお掃除に挑戦!

どうも、家掃除を勉強している専業主夫です!

今回は、リビング回りの掃除に挑戦していきたいと思います。

僕の掃除実験のほか、リビング掃除の秘訣やノウハウは、ハウスクリーニング業者「ハウスコンシェルジュ」に聞いてみました。

リビング

リビング

家族の集まるリビングは、掃除を怠ってしまいがちなエリアです。ここでは、効率的に掃除をする手順や毎日10分の簡単な掃除方法などを紹介します。

リビング掃除の手順

リビングを掃除する際も、上から下に向かって行うのが基本です。最初に床を掃除してから天井を掃除すると、ホコリが下に落ちてしまい、もう1度床の掃除をしなくてはならなくなります。

そのため天井、照明、カーテンレール・窓、家具・家電、床といった順番で、ホコリを払ってから拭き掃除を行いましょう。また部屋の奥から手前にかけて一方向に掃除をすれば、どこまでキレイにしたかが一目瞭然です。効率アップにも繋がりますので、ぜひ試してみてください。

リビング掃除の道具

リビング掃除に必要な道具は以下の通りです。

これらの道具を用意しておけば、リビングをキレイに保てます。特にペーパーモップは手の届く場所に置いておくことで、清潔感をキープできるでしょう。

リビング掃除の頻度

リビングの掃除は毎日行いたいと思う人がほとんどでしょう。特に小さな子どもやペットが居る場合は、毎日の掃除機掛けがおすすめです。ただ基本的には、週に2~3回の掃除で問題無いと言われています。一般的にリビングのホコリが気になってくるのは、最後に掃除をしてから約3日後程度です。家具や家電のホコリも掃除すれば、キレイな状態をキープできます。一気に掃除をするのが大変な時は、週ごとに掃除箇所を決めるのがおすすめです。

また月に1度は天井や壁の汚れのチェックをしましょう。

やっておくと楽!毎日10分の簡単掃除

床とテーブルが肝

床やテーブルはリビングで特に大きな面積を占めています。そのため掃除するのが面倒と思われがちな箇所ですが、その反面でこの2つをキレイにすればリビング全体が美しい印象になるのです。

床の掃除は週に1回、フロアワイパーを使って行います。ドライタイプのシートでサッと拭くだけでも、かなりのホコリが取れるでしょう。起床後すぐに行えば、ホコリが舞い上がる前に全て拭き取れるのでおすすめです。

テーブル掃除には重曹を水で溶かした重要水が有効で、テーブルにスプレーした後に布で拭けば、食べ残しなどで付着した油分もあっという間にキレイになります。

大きな家具は週ごとにルーティンで

大きな家具の掃除は、一気に行おうとするとモチベーションが維持できません。そのため週ごとに「今週はテレビやテレビ台」「来週は棚」など、ルーティンを決めておくと良いです。少しずつキレイにしていけば、モチベーションダウンも防げます。

そんな家具の掃除ですが、特に汚れが目立つのはテレビでしょう。画面の汚れは、乾いた布やメガネクリーナーを使うのがおすすめです。またソファーも汚れやすい箇所のため、掃除機でホコリや食べ残しなどを吸いましょう。

月に1回はがっつりカビ掃除

汚れが溜まりやすく湿気の多い箇所は、カビが生える可能性があります。フローリングや壁はもちろん、汗を吸ったカーペットや布製のソファーも要注意です。カビは放っておくとどんどん落ちにくくなるため、月に1回はカビ予防として掃除を行いましょう。

範囲の狭いカビはアルコールに弱いため、拭き掃除ですぐに除去可能です。広い範囲でカビが発生したしまった場合は、ウェットタイプのペーパーモップを使いゴシゴシと擦ってください。

壁紙

壁紙

壁紙カビ掃除と予防

汚れが気にはなっているけれど、なかなか手を出せない、そんな方も多いのではないでしょうか。

ここでは、壁紙カビ掃除と予防についてお話しします!

果たしてどこまでが自分でできて、どこからがプロにお願いしたほうが良いのでしょうか?

壁紙掃除の
方法を詳しく見る

ハウスコンシェルジュの
公式HPを見る
電話で問い合わせる