プロが教える、主夫が学ぶ 家掃除の悩みをまるっと解決!おそうじ大百科 » リビングのお掃除に挑戦! » カーペットの掃除方法

カーペットの掃除方法

カーペット

カーペットは見えないだけで、汚れの温床となっていることがあります。放っておくと、体へ悪影響をおよぼすかも…。そうならないためも、カーペット掃除の基礎を知っておきましょう。

カーペットの汚れの種類

まずは、どんな汚れが溜まっているのかを知ります。その汚れによって掃除の方法を変えていきましょう。

ゴミ・ほこり

日常生活をしている中で出てくる髪の毛、食べかす、砂などのさまざまなゴミ・ほこりが、パイル(カーペット表面の繊維の束)のすき間に蓄積されていきます。

シミ

カーペットにつくシミは、大きく分けると、水溶性、油性、泥の3種類です。汚れの種類や成分によって、掃除方法が変わってきます。

臭い

カーペットに食べ物や飲みものなどをこぼしてしまったときは、掃除をして見た目がきれいになったとしても臭いが取れずに残ってしまうことがあります。

ダニ

カーペットのパイルのすき間には、ダニが潜んでいる可能性も。ダニ対策としては、エサとなるほこりや食べかすを掃除したり、ダニ自体を死滅させたりすることが求められます。

カーペット掃除に使う道具

カーペット掃除に使う道具は、以下の通りです。

カーペット掃除の手順

ゴミやほこりを取る

掃除機

カーペットに溜まっているゴミ・ほこりを、掃除機を使って少しでも多く取るようにします。

掃除機の動かし方のコツは、「ゆっくりと動かす」こと。そうすることで、パイルの表面だけでなく根本にあるゴミ・ほこりも吸い込めるようになります。スピードの目安としては、3秒で80cm前後ほどです。

掃除機は、後ろ向きに歩きながらかけます。掃除機は、前に押し付けるよりも、手前側に引きながら使うと吸引力が上がる構造だからです。

掃除機をかけるときは、カーペットの毛並みの方向もチェック。毛並みに逆らう方向からスタートして、掃除機の吸引をパイルの奥まで届かせるようにします。

次に反対方向、逆側2方向の順で計4方向から掃除機をかけることで、効率よく多くのゴミを取ることができます。

粘着式クリーナー

掃除機をかけても残ってしまったゴミ・ほこりを、粘着式クリーナーで取り切ります。

カーペットの表面はでこぼこしているので、粘着力が弱いとゴミ・ほこりが取りにくいです。粘着力が高いカーペット専用の粘着式クリーナーを選ぶようにしましょう。

粘着式クリーナーをかけるときは、掃除機と同様に毛並みの反対側からスタートしていきます。

汚れをキレイにする

水溶性

中世洗剤を薄めた溶液をタオルに含ませて、汚れの表面を優しく叩き続けます。力を入れて擦るのはNGです。汚れがタオルに移りきったら、最後に水拭きをします。

水は、基本的に常温で使うようにしましょう。汚れによっては、ぬるま湯を使用すると汚れが悪化する場合があるからです。

たとえば、牛乳にゆるま湯を使うと、タンパク質が固まって取れにくくなってしまいます。

油性

行うことは、水溶性と同じです。汚れが落ちにくいときは、除光液を使うとキレイになるときがあります。除光液の使用後は、水拭きで液体を拭き取ってください。

まずは、ティッシュやタオル、ドライヤーなどを使って乾燥させます。そのあとに、パイルについている泥をブラシで落として、最後に掃除機で吸い込みます。

臭いを取り除く

臭いを取りたいときに活躍するのが重曹です。カーペットで臭いが気になる場所があるときは、5%ほどの濃度で作った重曹水を吹きかけてみましょう。

臭いが強い場合は、重曹を粉のまま直接ふりかけることで、高い消臭効果が期待できます。

ただし、カーペットの種類によっては、パイルの奥に重曹が潜りこんでしまってなかなか取れないなんてことが起こるかもしれません。判断に迷うときは、重曹水の吹きかけで対応した方が確実です。

また、シルクやウールなどの天然素材は、重曹を使うことで変色することがあります。重曹使用時は、カーペットの素材との相性をチェックするようにしましょう。

ダニを撃退

ダニの弱点は熱です。60度以上の熱を与えることで、ダニは死滅します。スチームアイロンがあれば、効率よく高温のスチームをカーペットに当て続けられます。

このときは、適度な距離を取ってカーペットを熱で傷めないように気を付けてください。

最後には、ダニの死がいを掃除機で吸い込むことも忘れずに行いましょう。

また、ダニは、乾燥や紫外線にも弱いので、天気が良い日に風通しがよいところで陰干しを行うことも効果的です。

カーペット掃除の頻度

理想は毎日ですが、働いたり用事があったりとなにかと忙しいときは、時間の確保が困難です。

とはいえ、放っておいたままにしておくと、ゴミ・ほこりが蓄積して、汚れも次第に取れにくい状態になってしまいます。

カーペット掃除の頻度の目安としては、週2回をめどに行うようにしてみてください。休日や時間があるときには、月1回くらいのペースで丁寧なカーペット掃除を行うようにしましょう。

ハウスコンシェルジュの
公式HPを見る
電話で問い合わせる