プロが教える、主夫が学ぶ 家掃除の悩みをまるっと解決!おそうじ大百科 » 浴室・トイレのお掃除に挑戦!

浴室・トイレのお掃除に挑戦!

掃除熱心な専業主夫の僕が、ハウスクリーニング業者の「ハウスコンシェルジュ」に弟子入り入門してみました!

気になる水回りの掃除方法や道具など、どこまでは素人ができて、どこからプロにお願いしたらよいのかをまとました。

お風呂

お風呂

湿度が高く、水垢や黒ずみといった汚れが発生しやすいお風呂。

お風呂掃除といえば浴槽ばかりに気が向きがちですが、床や壁、鏡にもしつこい汚れがつきやすくなっています。

ここでは、それぞれの部分につきやすい汚れの種類や原因、洗剤の選び方、掃除のポイントといった情報をご紹介しています。

お風呂掃除の
方法を詳しく見る

トイレ

トイレ

黒ずみや黄ばみといった汚れだけでなく、臭いも気になるトイレ。

原因となるのは主に尿ですが、とくにつきやすいのが便器、便座、床・壁です。

悪臭の原因の多くは床や壁の汚れなのです。ここでは臭い掃除についても詳しく解説するので、ぜひ参考にしてください。

トイレ掃除の
方法を詳しく見る

洗面所

洗面所

洗面所で汚れがつきやすいのは、洗面台・蛇口・排水溝の3つ。

洗面台や蛇口には水垢汚れはもちろん、歯磨き粉や石けんなどのカスが溜まりやすくなっており、それらが合わさり頑固な汚れになってしまうのです。

また、見えない部分ですが排水溝も要注意。こちらには流れた髪の毛・ゴミなどが溜まりやすく、放っておくと臭いの原因となります。

洗面所掃除の
方法を詳しく見る

水回り掃除の道具

水回り掃除の仕方

水回りには、水垢・黒ずみ・カビ・黄ばみといったさまざまな汚れが付着しています。

これらをスッキリと落とすには、それぞれの汚れに適した洗剤・掃除用品を使うことが大事。

汚れの性質に合っていないものを使ってもうまく汚れが落ちないばかりか、力を入れすぎて素材に傷つける…といったトラブルの原因にもなります。

水回り掃除の頻度

浴室・トイレ・洗面所は湿気が多く汚れも雑菌も増えやすい場所なので、掃除の頻度は基本的に毎日。忙しくて手が回らないという場合は、汚れを防ぐための習慣をつけましょう。

お風呂や洗面所は、使ったあとにスポンジで軽く擦り洗いをしたり、しっかりと水気を切って乾燥させておくと効果的。

トイレは、汚れのつきやすい便座・便器まわりをおそうじシートで拭いおくと、汚れがつくのを防ぐことができます。

ただし、どの場所も最低週に1回は洗剤できちんと掃除を行ってください。