プロが教える、主夫が学ぶ 家掃除の悩みをまるっと解決!おそうじ大百科 » 浴室・トイレのお掃除に挑戦! » お風呂のお掃除 » 浴槽のお掃除

浴槽のお掃除

お風呂の黒カビができやすいところ

エプロン

エプロンとは、浴槽の外側部分についているパネルのこと。製品によって異なりますが、基本的に下から持ち上げて手前に引くことで取りはずしができるようになっています。

このエプロンの内側は外から見ることができず、取りはずす機会も少ないので黒カビの温床になりがち。これまでに1度もはずしたことがない…といったケースも多めです。

パッキン

浴槽と壁・床をつなぐため、境目にパッキン加工がされていることがあります。このパッキンは樹脂でできているのですが、こちらも黒カビが発生しやすい部分。

汚れや水がついた状態で放置されることが多いため、あっという間に黒カビが生えてしまいます。とくに古くなって樹脂が劣化すると、より黒カビが入りやすくなるので要注意です。

排水口

浴槽の水を捨てるための排水口。排水口のまわりには細かい溝があり、この部分に水垢・皮脂汚れなどが溜まりがち。

しかも水で濡れていることが多いため、黒カビができやすくなっています。また、浴槽にお湯を張るときにお湯が出てくる給湯口も、意外と汚れが溜まりやすい場所。

黒カビが生えるとお風呂のお湯が不衛生になってしまうので、注意が必要です。

お風呂の取れない黒カビ掃除をするときのポイント

重曹を使って皮脂などの汚れを落とす

重曹は、黒カビの原因の1つである皮脂汚れに有効です。重曹での掃除には、水200mlに重曹小さじ2杯を加えたスプレーを用意。

この重曹スプレーを汚れに吹きかけると黒ずみなどが浮き上がってくるので、柔らかいスポンジで軽く擦って汚れを落としましょう。

掃除をしたあとは、しっかりとシャワーで流すことをお忘れなく。

重曹で落ちない汚れはクエン酸!

重曹で落ちない汚れは、水垢である可能性大。水垢も黒カビ発生の原因となるので、酸性のクエン酸で落としていきましょう。

水200mlにクエン酸小さじ1杯を加えてクエン酸スプレーを作り、水垢が気になる部分に吹きかけるだけでOK。

なかなか落ちない場合は、スプレーを含ませたキッチンペーパーを貼りつけ、ラップなどで覆ってパックをすると効果的です。

浴室用のカビ用洗剤で洗う

とくにタイルの目地やパッキン部分に入り込んだ黒カビは落としにくいため、浴室向けのカビ用洗剤を使用しましょう。

このカビ用洗剤は非常に強力なパワーを持っており、カビの根までしっかり除菌できるのが特徴。

気になる部分に吹きかけて5~10分ほど放置し、軽く擦り洗いをすればカビをスッキリと落とせます。

お風呂の取れない黒カビ掃除に効果的な洗剤の種類

重曹

重曹はアルカリ性なので、酸性を示す皮脂などの汚れ落としにピッタリ。皮脂汚れは黒カビの栄養となりやすいので、できるだけ早く洗い落とすことが大切です。

重曹を使うとこびりついた黒ずみが中和されて柔らかくなり、軽い力でスルッと落とせるようになります。ちなみに重曹は天然素材なので、浴槽にも安心して使用できます。

クエン酸

クエン酸は酸性なので、アルカリ性を示す水垢汚れに最適です。こちらも重曹と同じく、酸性とアルカリ性が合わさることで中和反応が起こり、汚れが落ちやすくなるという仕組みです。

クエン酸も天然素材で安全性は高いですが、浴槽が大理石でできている場合は使用できません。人工大理石であっても、製品によっては使えないこともあるので注意しましょう。

カビ用洗剤

浴室用のカビ用洗剤は、塩素系の漂白剤であることがほとんど。非常に強い洗浄作用を持っており、しつこい黒カビを根元からスッキリと除菌・漂白してくれます。

気になる部分に吹きつけるだけで汚れを落とせますが、その上からラップを貼りつけるとより効果がアップします。

お風呂の取れない黒カビの原因

黒カビが発生しやすいのは、室温20~30℃・湿度70%以上の環境。浴室はこれに加え、黒カビのエサとなる皮脂・垢などが多くついています。

つまり、浴室は黒カビが繁殖するのに最適な環境なのです。黒カビは空気中にあるときは見えませんが、浴槽などに汚れがつくとそこに付着。

皮脂・垢などを栄養分として、どんどん繁殖していきます。

お風呂の黒カビと赤カビの違い

お風呂の浴槽や床などに発生しやすい赤カビ。これは赤カビとも呼ばれるものですが、実はその正体はカビではなく、ロドトルラという酵母です。

このロドトルラは非常に繁殖スピードが速く、その速度は黒カビ以上。皮脂や垢などの汚れが付着すると、ヌメヌメとした赤カビがまたたく間に広がってしまいます。

お風呂の取れないカビを予防するためには

油断をすると、すぐに発生してしまうしつこい黒カビ。この黒カビの発生を防ぐには、入浴後の換気をしっかりと行い、温度と湿度を下げることが大切です。

浴室暖房機能がついているなら、換気よりも乾燥モードを使った方が良いでしょう。また、浴槽・床・壁などに水分が残らないよう、スクイジーなどで水を切っておくことも大切です。

ハウスコンシェルジュの
公式HPを見る
電話で問い合わせる