プロが教える、主夫が学ぶ 家掃除の悩みをまるっと解決!おそうじ大百科 » 浴室・トイレのお掃除に挑戦! » お風呂のお掃除 » 浴槽のお掃除

浴槽のお掃除

お風呂の汚れにはどんなものがある?

黒カビ

黒カビは「浴槽と壁の繋ぎ目(コーキング部分)」や「タイルとタイルの間の隙間」に発生します。黒カビは浴室内の温度が「5~35度」の状態時に発生することが多く、とくに「25度前後」はもっとも活発になるとされています。しかし浴室内温度が「36度以上」になった場合、黒カビの活動は低下傾向になります。そのため入浴後の浴室内に残った水滴が「25度」まで冷めることによって、黒カビへと変化するのです。

水滴以外に黒カビが発生する原因として、浴室内の湿度が深く関係しています。黒カビの大きな特徴としては「湿度80%」以上になると爆発的に増加してしまう性質を持っています。お風呂では常にお湯を使うため、必然的に湿度が高くなってしまいます。また浴室内は全体的に「皮脂汚れ」や「雑菌」「水アカ」などが多く、黒カビにとっては繁殖しやすい場所となるのです。

水アカ

水アカは水道水に含まれるミネラル成分が原因であるとされています。水道水には「カルシウム」「マグネシウム」「珪酸」などのミネラル成分が多く含まれます。

それらのミネラル成分が、浴槽やタイルに付着することによって水アカへと変化してしまいます。また水アカに対する画期的な予防策はないため、日常的にこまめな掃除を心がけることが大切です。

石鹸カス

石鹸カスとは「石鹸やシャンプーの成分」や「皮脂汚れ」などが、水道水に含まれる「カルシウム」や「マグネシウム」といったミネラル成分に反応することで発生する汚れを指します。とくに「湯船の縁」や「石鹸の泡が付着した箇所」にできやすい傾向があります。

石鹸カスが浴室に付着している場合は、すぐに洗い流すことをおすすめします。掃除をせずにそのまま放置しておくと、汚れが落ちにくくなる可能性があるため、十分に注意を払うことが大切です。

お風呂で黒カビや汚れがつきやすいところ

エプロン

エプロンとは、浴槽の外側部分についているパネルのこと。製品によって異なりますが、基本的に下から持ち上げて手前に引くことで取りはずしができるようになっています。

このエプロンの内側は外から見ることができず、取りはずす機会も少ないので黒カビの温床になりがち。これまでに1度もはずしたことがない…といったケースも多めです。

パッキン

浴槽と壁・床をつなぐため、境目にパッキン加工がされていることがあります。このパッキンは樹脂でできているのですが、こちらも黒カビが発生しやすい部分。

汚れや水がついた状態で放置されることが多いため、あっという間に黒カビが生えてしまいます。とくに古くなって樹脂が劣化すると、より黒カビが入りやすくなるので要注意です。

排水口

浴槽の水を捨てるための排水口。排水口のまわりには細かい溝があり、この部分に水垢・皮脂汚れなどが溜まりがち。

しかも水で濡れていることが多いため、黒カビができやすくなっています。また、浴槽にお湯を張るときにお湯が出てくる給湯口も、意外と汚れが溜まりやすい場所。

黒カビが生えるとお風呂のお湯が不衛生になってしまうので、注意が必要です。

洗い場

洗い場は浴室の中でも「水アカ」「石鹸カス」などの汚れがとくに酷い箇所となります。洗い場の特徴として、水が大量に流れる場所となるため「水アカ」が溜まりやすい傾向にあります。

とくにタイル張りの床は「黒カビ」や「水アカ」が付着しやすい特徴があります。また「蛇口まわり」「シャワーヘッド」「鏡」なども「水アカ」が溜まりやすいため、浴室掃除をする際は念入りに洗う必要があります。

天井

浴室内の天井は「水アカ」や「黒カビ」の他に、換気扇で空気を吸い込んだ際に舞い上がる「ホコリ」や「菌」が原因で、多くの汚れが付着している箇所となります。また入浴後に水滴が残ることで「水アカ」や「黒カビ」が発生する場合も多くあります。

天井を掃除する際は、換気扇の本体やフィルターも一緒に洗うとよいでしょう。また洗剤を使用して掃除を行う場合は、頭や顔などに薬品がかからないよう、十分に注意を払う必要があります。

お風呂にたまる汚れや黒カビ掃除をする時のポイント

重曹を使って皮脂などの汚れを落とす

重曹は、黒カビの原因の1つである皮脂汚れに有効です。重曹での掃除には、水200mlに重曹小さじ2杯を加えたスプレーを用意。

この重曹スプレーを汚れに吹きかけると黒ずみなどが浮き上がってくるので、柔らかいスポンジで軽く擦って汚れを落としましょう。

掃除をしたあとは、しっかりとシャワーで流すことをお忘れなく。

重曹で落ちない汚れはクエン酸!

重曹で落ちない汚れは、水垢である可能性大。水垢も黒カビ発生の原因となるので、酸性のクエン酸で落としていきましょう。

水200mlにクエン酸小さじ1杯を加えてクエン酸スプレーを作り、水垢が気になる部分に吹きかけるだけでOK。

なかなか落ちない場合は、スプレーを含ませたキッチンペーパーを貼りつけ、ラップなどで覆ってパックをすると効果的です。

浴室用のカビ用洗剤で洗う

とくにタイルの目地やパッキン部分に入り込んだ黒カビは落としにくいため、浴室向けのカビ用洗剤を使用しましょう。

このカビ用洗剤は非常に強力なパワーを持っており、カビの根までしっかり除菌できるのが特徴。

気になる部分に吹きかけて5~10分ほど放置し、軽く擦り洗いをすればカビをスッキリと落とせます。

浴槽掃除はお湯を抜いた直後に行う

浴槽を洗う際は、お湯を抜いた直後に掃除を開始するようにしましょう。浴槽にお湯が溜まっているときは、汚れが柔らかい状態となります。そのため強い力で汚れている箇所を擦る必要もなく、簡単に汚れを洗い流すことが可能です。

排水口の臭いには専用の洗浄剤を使用する

排水口の臭いが気になる場合は「排水パイプ用の洗浄剤」を使用しましょう。「排水パイプ用の洗浄剤」を排水口に直接かけた後「数分~数十分」程度待ってから洗い流します。

製品によっては洗浄剤の放置時間が異なるため、使用前に説明書を読んでおく必要があります。

お風呂にたまる汚れや黒カビに効果的な洗剤の種類

重曹

重曹はアルカリ性なので、酸性を示す皮脂などの汚れ落としにピッタリ。皮脂汚れは黒カビの栄養となりやすいので、できるだけ早く洗い落とすことが大切です。

重曹を使うとこびりついた黒ずみが中和されて柔らかくなり、軽い力でスルッと落とせるようになります。ちなみに重曹は天然素材なので、浴槽にも安心して使用できます。

クエン酸

クエン酸は酸性なので、アルカリ性を示す水垢汚れに最適です。こちらも重曹と同じく、酸性とアルカリ性が合わさることで中和反応が起こり、汚れが落ちやすくなるという仕組みです。

クエン酸も天然素材で安全性は高いですが、浴槽が大理石でできている場合は使用できません。人工大理石であっても、製品によっては使えないこともあるので注意しましょう。

カビ用洗剤

浴室用のカビ用洗剤は、塩素系の漂白剤であることがほとんど。非常に強い洗浄作用を持っており、しつこい黒カビを根元からスッキリと除菌・漂白してくれます。

気になる部分に吹きつけるだけで汚れを落とせますが、その上からラップを貼りつけるとより効果がアップします。

セスキ炭酸ソーダ

「セスキ炭酸ソーダ」はアルカリ性に分類されるため「キッチンなどの油汚れ」「ドアノブに付着した手垢」「浴室の皮脂汚れ」など、酸性の汚れを落とす場合に効果を発揮します。「セスキ炭酸ソーダ」はドラッグストアで購入することが可能です。しかし粉末として販売されている場合が多いため、水に溶かして使用する必要があります。

もっとも効果的な使用方法としては、霧吹きの中に「セスキ炭酸ソーダ」と「水」を入れて、十分に混ぜ合わせます。2種類が完全に混ざった後、汚れが気になる箇所に吹きかけます。

浴室の掃除に使用する場合は、「皮脂汚れ」や「水アカ」「石鹸カス」などに向けて吹きかけ、その後にスポンジを使って擦ることで、汚れを綺麗に洗い流せます。また「セスキ炭酸ソーダ」はカビ予防としても効果があるため、定期的に使用することをおすすめします。

お風呂のしつこい汚れや黒カビの原因

黒カビの原因

黒カビが発生しやすいのは、室温20~30℃・湿度70%以上の環境。浴室はこれに加え、黒カビのエサとなる皮脂・垢などが多くついています。

つまり、浴室は黒カビが繁殖するのに最適な環境なのです。黒カビは空気中にあるときは見えませんが、浴槽などに汚れがつくとそこに付着。

皮脂・垢などを栄養分として、どんどん繁殖していきます。

石鹸カスの原因

「石鹸カス」は、水道水に含まれるミネラル成分が「石鹸」や「身体の油脂」に反応し、水に溶けない「石鹸」として残ったものです。そのため「石鹸の欠片」などが壁や床に付着することで「石鹸カス」の汚れが目立ってしまうのです。

そのような事態に陥らないためにも、よく泡立てて使用することで「石鹸カス」の付着を抑えることができます。

ピンク汚れの原因

ピンク汚れとは「排水口」「床」「シャンプーやリンスの底」などに発生するヌメリを指します。カビと同様の場所に発生することから、カビだと勘違いする人も多くいます。ピンク汚れは「ロドトルラ」という酵母菌の一種で、カビとは異なる性質を持っています。

ただしピンク汚れを放置しておくと黒カビが発生しやすくなるため注意が必要です。

お風呂の黒カビと赤カビの違い

お風呂の浴槽や床などに発生しやすい赤カビ。これは赤カビとも呼ばれるものですが、実はその正体はカビではなく、ロドトルラという酵母です。

このロドトルラは非常に繁殖スピードが速く、その速度は黒カビ以上。皮脂や垢などの汚れが付着すると、ヌメヌメとした赤カビがまたたく間に広がってしまいます。

お風呂の取れない汚れやカビを予防するためには

油断をすると、すぐに発生してしまうしつこい黒カビ。この黒カビの発生を防ぐには、入浴後の換気をしっかりと行い、温度と湿度を下げることが大切です。

浴室暖房機能がついているなら、換気よりも「乾燥モード」を使ったほうがよいでしょう。また「浴槽・床・壁」などに水分が残らないよう、スクイジーなどで水を切っておくことも大切です。

黒カビ以外にも、浴室内にはさまざまな種類の汚れがあります。とくにお風呂掃除をする際に、頭を悩まされる人も多い「水アカ」や「石鹸カス」といった汚れ。それらを解消するためには、日常的にこまめな掃除が必要となります。また「ピンク汚れ」などは、放置しておくことで黒カビの原因となる可能性が高いため、汚れを発見した際はすぐに掃除をするようにしましょう。

ハウスコンシェルジュの
公式HPを見る
電話で問い合わせる