プロが教える、主夫が学ぶ 家掃除の悩みをまるっと解決!おそうじ大百科 » 浴室・トイレのお掃除に挑戦! » お風呂のお掃除 » 鏡のお掃除

鏡のお掃除

お風呂の鏡が汚れてしまう原因

お風呂の鏡の汚れにもいくつかの種類がありますが、そのひとつが「水垢」です。水道水にはカルシウム・マグネシウム・ケイ素といったミネラル分が含まれていますが、鏡についた水分が蒸発するとミネラル分だけが残ります。その結果、結晶化してウロコのような水垢になってしまいます。結晶化した水垢は擦ってもなかなか落とすことができず、放置したまま…となるケースに。

入浴時には石けん・シャンプー・ボディソープといったものを使用しますが、これらも鏡が汚れる原因です。飛び散った石けんやシャンプーの泡が水道水のミネラル分と結合すると、石けんの脂肪酸成分と結合。白い石けんカスとなり、鏡に付着したまま取れなくなってしまうのです。

お風呂の鏡の水垢をしっかり落とす洗剤・便利グッズ

クエン酸

水道水のミネラル成分が固まってできた水垢は、アルカリ性の性質を持っています。このアルカリ性の水垢を落とすには、酸性のクエン酸が効果的です。

クエン酸を使うと中和反応が起こり、固くこびりついた水垢が柔らかくなるという特徴があります。クエン酸がなければ、お酢やレモン汁でもOKです。

ただし、くもり止め加工の鏡に使用すると、コーティングが剥がれてしまうことがあるのでご注意を。

重曹

鏡の汚れには皮脂が混ざっていることも多いため、重曹も有効です。

掃除の仕方はクエン酸と同様で、水200mlに小さじ2の重曹を混ぜて重曹水を作り、キッチンペーパーでパックをします。

パック後は、柔らかいスポンジや紙を使って汚れを拭き取りましょう。ちなみに重曹には研磨作用がありますが、直接つけて磨くと傷がつく恐れがあります。

ガラス用洗剤

鏡はガラスでできているため、市販のガラス用洗剤も効果を発揮します。使い方は普通の窓掃除と同じく、スプレーをして拭き取るだけ。

ただし、洗剤の成分によっては鏡に使用できないこともありますし、成分が鏡に残ると腐食の原因になることもあります。

使用する際には、使用方法をきちんと確認するようにしましょう。

歯磨き粉

普段使用されている歯磨き粉でも、お風呂の鏡の汚れを落とすことができます。歯磨き粉は研磨剤を含んでいるので、水垢も落とすことができます。

1cmほどの歯磨き粉を布に出し、全体になじませます。その布で鏡を優しく拭いてあげます。鏡は先に濡らしておくと拭きやすいですよ。

拭き終わったら水で流し、乾いた布で乾拭きしてください。乾拭きしないと、また水垢が残ってしまうので要注意です。

新聞紙

鏡の汚れには、新聞紙も有効です。インクの油分が、鏡についた汚れに吸着してくれます。

手順はとても簡単。新聞紙を水で濡らし、鏡を拭いていくだけです。他の方法と同じく、拭き終わったら乾拭きをしましょう。乾拭きも新聞紙で構わないので、新聞紙を多めに用意しておけば問題ありません。

お風呂の鏡掃除をするときのポイント

酸性の洗剤でくもりを落とす

水垢はアルカリ性なので、酸性の洗剤で落とすことができます。酸性の洗剤にはさまざまな種類がありますが、安全性が高いのはクエン酸。

水200mlに小さじ1のクエン酸を混ぜたクエン酸水を作り、キッチンペーパーやティッシュペーパーに含ませて鏡に貼りつけるだけでOK。

しばらく置き、スポンジなどで優しく擦ると汚れが落ちます。

研磨効果のあるアイテムで擦り落とす

結晶化して石のようになってしまった水垢は、洗剤でも落とせないことがあります。そういった場合は、研磨効果のあるアイテムで擦り落とすと良いでしょう。

おすすめは、ダイヤモンドが配合された鏡・ガラス掃除用のスポンジ。鏡を傷つけることなく、頑固な水垢を落とすことができます。

頑固な汚れは合わせ技で!

上記の2方法で落とせない頑固な水垢は、「酸性の洗剤」と「研磨効果のあるアイテム」の併用が有効です。

まず酸性の洗剤とキッチンペーパーで鏡をパックし、次にダイヤモンド配合のスポンジで少しずつ擦り落としていきます。

1度で落とせないこともありますが、粘り強く繰り返すことでキレイな鏡を取り戻すことができます。

お風呂の鏡の汚れを防ぐためのお手入れ

せっかく掃除をしても、お手入れをサボるとすぐに水垢がついてしまいます。毎日ちょっとしたひと手間で、水垢が付着するのを防いでくれるので、お手入れの方法をチェックしておきましょう。

大事なポイントは、水滴がついたままにしておかないことです。お風呂からあがったあとに乾拭きをしてあげるだけで、水垢の付き方は変わってきます。

撥水コーティング剤をスプレーしておくのも一つの手です。水滴がつきにくくなり、乾拭きがしやすくなるので、お手入れが楽になります。とはいえ、コーティングをしたから濡れたままで放置しても大丈夫というわけではありません。コーティングをした上で、石鹸カスの洗い流しや乾拭きは定期的に行うようにしましょう。

お風呂の鏡掃除をするときの注意点

鏡は傷がつきやすいため、ムリに水垢を落とそうと研磨剤やたわしでゴシゴシ擦るのはNG。傷がつくとそこからシケが発生し、鏡を買い替えるハメになってしまいます。

しつこい水垢を落とすのは骨の折れる作業ですが、適した洗剤を使えば徐々に柔らかくなっていくので、根気よく落とすようにしましょう。

また、鏡にくもり止め加工がされている場合は、クエン酸・メラミンスポンジ・研磨剤(歯磨き粉含む)などは使用できないので注意してください。

お風呂の鏡掃除まとめ

お風呂の鏡は、水垢や石鹸カスが原因となって汚れてしまいます。

汚れは通常の洗剤のほか、クエン酸やお酢、そのほかには歯磨き粉などでも落とすことが可能です。酸性の洗剤と、研磨剤が含まれるアイテムの組み合わせも有効なので、頑固な汚れには合わせ技で挑みましょう。

美しい鏡を維持するには、石鹸カスを洗い流すことと、水滴がついたままにならないように乾拭きをすること。特に後者が大事で、乾いたタオルで拭いてあげる習慣が重要です。

便利グッズも登場していますが、結局は日ごろからのお手入れが大事。綺麗な鏡に保つためにも、日ごろからのお手入れを習慣化させましょう。

ハウスコンシェルジュの
公式HPを見る
電話で問い合わせる