プロが教える、主夫が学ぶ 家掃除の悩みをまるっと解決!おそうじ大百科 » 浴室・トイレのお掃除に挑戦! » お風呂のお掃除 » 床・壁のお掃除

床・壁のお掃除

お風呂の取れない床の黒ずみ汚れの種類

水垢

水垢は、水道水に含まれるミネラル(ケイ素・カルシウム・マグネシウムなど)が原因でできるもの。水が蒸発するとミネラル分が残って固まり、白っぽい水垢になります。

ここに浴室でよく使われるシャンプーや石けんのカス、人の皮脂などが混ざると黒っぽくなり、黒ずみとなってしまうことがあります。

皮脂汚れや石けんカス

皮脂汚れとは、体や髪を洗った際に出る汚れ。石けんカスとは、固形石けん・ボディソープ・シャンプー等の成分が残ったものです。

これらが床や壁に付着し、水道水の成分と合わさることで黒ずみになります。付着してまだ日が浅いうちは茶色っぽい汚れとして見られるので、黒ずみになる前に落とすことが大切です。

黒カビ

床や壁に残りやすい皮脂汚れ・石けんカスは、空気中の黒カビの格好のエサ。

この黒カビが発生しやすい環境とは、「温度20~30℃」「湿度70%以上」「栄養分(汚れ)が多い」場所なので、まさに浴室はカビの繁殖にうってつけです。

小さな黒ずみを放っておくと、どんどん床や壁に広がっていき、衛生面にも影響が出てきます。

お風呂の取れない黒ずみ掃除のポイント

汚れに合った洗剤を使う

浴室の黒ずみの原因は、水垢・皮脂・石けんカスとさまざまです。これらをキレイに落とすには、それぞれの汚れに適した洗剤を使うことが大事。

皮脂は酸性の汚れなので、アルカリ性の重曹。水垢や石けんカスはアルカリ性なので、酸性のクエン酸を使いましょう。

酸性とアルカリ性が合わさると性質が中和され、汚れがすんなり落ちるようになります。

重曹+クエン酸で床や壁をパック

床や壁に発生してしまった黒カビは、重曹とクエン酸の併用がオススメです。

用意するのは、水200mlに重曹小さじ2を溶かしたものと、水200mlにクエン酸小さじ1を溶かしたもの。これらをスプレー容器に入れて、床や壁に吹きつけます。

2つのスプレーが合わさると泡が発生し、この泡が黒カビ汚れを分解してくれます。20分ほど放置したらブラシなどで軽く擦り、水を流せば完了です。

しつこい黒カビは酸素系漂白剤をプラス

重曹とクエン酸でも落ちない黒カビは、重曹に酸素系漂白剤をプラスしましょう。重曹と粉末の酸素系漂白剤を1:1の分量で混ぜ、水を少しずつ加えて練りペーストにします。

このペーストを黒カビの部分に塗り、その上からラップをしてつけて放置。数時間ほど置いたらラップをはずし、ブラシで擦り落とします。

お風呂の取れない黒ずみ掃除に効果的な洗剤の種類

重曹

浴室には裸で入るため、できるだけ体に優しい洗剤を使いたいもの。その点、重曹は自然素材なので安全性が高めです。

アルカリ性の重曹は酸性の皮脂汚れに有効なので、とくに床や壁の掃除に役立ちます。

重曹は粉末のまま研磨剤のようにも使えますが、浴室の素材を傷つける可能性があるので注意しましょう。

クエン酸

酸性のクエン酸は、アルカリ性の水垢落としにピッタリです。クエン酸も自然由来の成分なので安全性が高く、安心して使うことができます。

軽い水垢であればクエン酸スプレーでも落とせますが、洗浄力が比較的穏やかなので、しつこい汚れは1回で落とせないことがあります。

その場合は、キッチンペーパーでパックをするなどの工夫を。

塩素系洗剤

クエン酸と重曹、さらに酸素系漂白剤でも落ちない黒ずみは、浴室の素材や溝に深く入り込んでしまったカビである可能性大。

この場合は、酸素系漂白剤よりも力が強い塩素系漂白剤を使います。いわゆる浴室用のカビ取り洗剤がこれに該当しますが、他の洗剤との併用は不可。

また、成分が強いので手や肌につかないよう、きちんと手袋などを着用しましょう。

お風呂の取れない黒ずみができる原因

お風呂の床や壁に見られる黒ずみの1つは、水垢がついて黒ずんだもの。水道水が乾いてミネラル分が残り、そのザラザラとした汚れの上に皮脂・石けんなどの汚れが積み重なって黒ずみになっていきます。また、浴室内は温度と湿度が高いため、黒カビができやすい環境です。皮脂や石けんカスが残っているとカビが増殖しやすいので、しっかり洗い落とすようにしましょう。

お風呂の床の材質に関する注意点

浴室の床の材質には、タイル床材・樹脂床材・木製床材・大理石などがあります。

浴室の掃除には洗剤を用いますが、材質によっては色が変色したり、傷がついたり、コーティングが剥がれてしまうことがあります。

使用する際は、目立ちにくい部分でテストを行ってからにすると良いでしょう。

お風呂の取れない黒ずみを予防するためには

浴室の黒ずみを防ぐには、まず汚れを床や壁に残さないことが大事。お風呂からあがったら全体にシャワーでお湯をかけ、汚れをしっかりと洗い流しましょう。

このときお湯の温度を45℃以上にするとカビ菌が死滅するため、黒カビの予防にもなります。また、スクイジー(水切り)で床や壁の水分を取り除いたり、換気を徹底することも重要です。