プロが教える、主夫が学ぶ 家掃除の悩みをまるっと解決!おそうじ大百科 » 浴室・トイレのお掃除に挑戦! » トイレのお掃除 » 便器のお掃除

便器のお掃除

トイレの黒ずみができやすいところ

ふち裏

外側からはなかなか見えない、便器のふち裏。構造的にブラシが届きにくく、汚れが溜まりやすいという特徴があります。ここは、便器の中でもっとも黒ずみができやすい部分。

飛び散った尿がふち裏に付着→乾燥を繰り返すことで汚れがこびりつき、雑菌やカビなどが繁殖。知らず知らずのうちに、頑固な黒ずみ汚れになってしまいます。

水たまり

便器の水たまり部分も、黒ずみが発生しやすい場所の1つです。掃除をさぼると水際にリング状の汚れができるため、「さぼったリング」と呼ばれることもあります。

この水たまりの黒ずみの原因は、雑菌、カビ、ホコリなどの汚れ。これらが便器表面にできた水垢と合わさることで、落ちにくい頑固な黒ずみになることがあります。

ノズル

ウォシュレット付きのトイレを使っている場合、ノズルに黒ずみがつくことがあります。

自動洗浄機能がついているウォシュレットも多いですが、それにかまけて掃除をさぼっているとノズルに黒ずみが発生しやすくなります。

この部分も尿ハネなどの影響を受けやすい部分なので、日頃からこまめにチェックしておくことが重要です。

トイレの取れない黒ずみ掃除をするときのポイント

洗剤を汚れに密着させる

便器についた頑固な黒ずみを落とすには、洗剤をしっかりと密着させるのがコツ。

ただし、水たまりの部分に水があると洗剤の力が弱まってしまうため、ラバーカップなどで水位を減らしておきましょう。

水位が減ったらトイレットペーパーをぐるりと貼りつけ、その上に洗剤を吹きつけて放置。しっかりと洗剤の効果が行きわたり、汚れが落ちやすくなります。

頑固な黒ずみは「やすり」で削り落とす

洗剤で落ちない黒ずみは、物理的に削り落とすという方法があります。

使用するのは、ホームセンターなどで売られているサンドペーパー、いわゆる紙やすりです。ただし目が粗すぎると便器に傷がついてしまうので、1000~1500番のものを選ぶと良いでしょう。

また、普通のサンドペーパーだと水に弱いので、耐水性能のあるものを選ぶことも大切です。

ふち裏汚れには塩素系洗剤を使おう

黒ずみの原因が黒カビである可能性が高い場合は、塩素系洗剤を使いましょう。ふち裏にトイレットペーパーを敷き詰めて洗剤をかけ、数分ほど放置したらブラシで擦り落とします。

ふち裏は汚れがこびりついていることが多く、ブラシで普通に擦っても落としにくいですが、塩素系洗剤を使うと簡単に落とすことができます。

トイレの取れない黒ずみ掃除に効果的な洗剤の種類

クエン酸

軽い黒ずみであれば、クエン酸を使ってキレイにすることができます。クエン酸ペーストは、クエン酸と水を2:1の割合で用意し、少しずつ水を入れてペースト状になれば完成。

これを黒ずみの上に塗りつけ、数時間放置したあとブラシで擦り落とします。ペーストが便器に残ると新たな汚れの原因となってしまうので、しっかり洗い洗い流して。

クエン酸+重曹

クエン酸だけで黒ずみがキレイにならない場合は、重曹を使ってみましょう。まず、重曹を便器に振りかけます。

次にクエン酸を水たまり部分に適量投入し、ブラシで重曹と混ざるように擦ると泡が発生。この泡には強力な洗浄効果があるため、しつこい黒ずみ汚れを分解する効果が期待できます。

塩素系洗剤

ふち裏についた黒カビを今すぐ落としたいといった場合、強力な塩素系洗剤が役立ちます。

塩素系洗剤は黒ずみの原因であるカビのたんぱく質を分解するだけでなく、菌や胞子といったものまで分解・除去してくれるのが特徴。

除菌・消臭効果も期待できるので、臭いが気になる場合の掃除にも適しています。

トイレの取れない黒ずみ掃除をするときの注意点

便器の気になる黒ずみはすぐに落としたいものですが、強力な洗剤をいくつも使ったり、力いっぱいこすったりするとトラブルの原因になります。

とくに酸性の洗剤と塩素系の洗剤を同時に使用すると、有毒な塩素ガスが発生するので非常に危険です。

もし混ぜてしまった場合はすぐに換気をし、刺激臭がなくなるまでその場を離れるようにしましょう。

トイレの取れない黒ずみができる原因

便器の黒ずみは、飛び散った尿・雑菌・カビ・水垢・ホコリなどが合わさることで発生します。

掃除をしないと便器に溜まった汚れからカビや雑菌が繁殖したり、飛び散った尿が固まったりすることで黒ずみになってしまうのです。

また、トイレタンク内にカビが発生すると、その水が便器に流れて黒ずみの原因となるケースもあります。

トイレの取れない黒ずみを予防するためには

便器の黒ずみは放っておくとどんどん落としにくくなるため、発生しやすい水たまり・ふち裏部分をこまめに掃除することが大切。

2~3日に1度は水とブラシで軽く汚れを落とすだけでOKですが、できれば週に1回は洗剤を使ってきちんと掃除をしましょう。

忘れやすいトイレタンクも、1か月に1回を目安に掃除を行ってください。

ハウスコンシェルジュの
公式HPを見る
電話で問い合わせる