プロが教える、主夫が学ぶ 家掃除の悩みをまるっと解決!おそうじ大百科 » 浴室・トイレのお掃除に挑戦! » トイレのお掃除 » 床・壁のお掃除

床・壁のお掃除

トイレの臭いが発生する理由

トイレの床や壁が臭う原因は、飛び跳ねた尿です。尿に含まれる尿素を雑菌が分解しアンモニア臭を発生させます。その結果、ツンとした刺激臭がトイレに漂います。

定期的にトイレ掃除をしているのに臭いが消えない場合、2つの可能性が考えられます。1つ目は、臭いの原因となる部分を掃除しきれていない可能性です。掃除しているつもりでも、隅のほうの掃除が漏れていると、そこが臭いの原因になります。また、そもそもトイレの床は掃除しても、壁は掃除していないという方も少なくありません。

2つ目は、臭いが床や壁に染みついているパターンです。発生したアンモニア臭をそのままにしておくと、床や壁の素材に臭いが移ります。そうなると簡単には臭いを取り除けません。

トイレの取れない臭い掃除をするときのポイント

トイレシートを活用

まず簡単に試せるのがトイレシートを活用する方法です。トイレシートでトイレの床と壁をすべて拭いてみてください。ポイントは隅々まで漏らすことなく全体を拭くことです。普段床や壁をあまり掃除しない方であれば、これだけで尿と雑菌を取り除け、臭いが改善します。

臭い対策効果のあるトイレ用洗剤を使用

トイレ用洗剤のなかには除菌や消臭効果が高い洗剤があります。臭いがなかなか落ちない場合はそういった商品をぜひ試してみてください。

掃除の方法は、スプレー式の洗剤をまんべんなく吹き付けます。そして、まずは濡れたぞうきんで洗剤を床や壁全体になじませます。洗剤が浸透したら、再度濡れたぞうきんで汚れと洗剤を拭き取ります。最後に乾いたぞうきんで床や壁に着いた水分を取り除けば終了です。

便器と床の接合部分には歯ブラシを

掃除が漏れてしまうことの多い部分の1つが便器と床の結合部分です。便器についた尿が水滴とともに結合部分に溜まっていることがあります。掃除方法として用いるのは、使わなくなった歯ブラシです。汚れをかきだすようにブラッシングし、かきだしたらぞうきんで拭き取ります。

換気扇も忘れずに

天井や天井近くにあることが多い換気扇。掃除が漏れてしまうことも多いです。しかし、ほこりが溜まって換気効果が薄れてしまったり、溜まったホコリの部分にカビが発生したりすることがあります。

換気カバーやフィルターを外して水洗いをするか、汚れを拭き取ります。その際に換気扇内もホコリが残らないように拭きあげるといいでしょう。換気扇のファンが汚れている場合、中性洗剤で水洗いします。

トイレの臭いを取るおすすめアイテム

クエン酸

クエン酸がアンモニア臭に効果を発揮するのは、化学反応が起こるからです。アンモニアはアルカリ性なので酸性のクエン酸を使うと中和されます。クエン酸自体は人体に害はありませんので、安心して使えます。

掃除をする際はクエン酸水を作ります。200ミリリットルの水と小さじ1杯のクエン酸を混ぜるだけです。スプレーボトルに入れて掃除したい場所に吹き付けます。クエン酸が浸透するのを待つ場合は、キッチンペーパーやトイレットペーパーにクエン酸を染み込ませるのもおすすめです。その上からさらにラップをかければ水分の蒸発を防げ、効果がアップします。

セスキ炭酸ソーダ

セスキ炭酸ソーダはアルカリ性の物質です。掃除でよく用いられる重曹よりアルカリ性が強く、頑固なたんぱく質汚れなど、酸性の汚れに効果を発揮します。尿は弱酸性なので、セスキ炭酸ソーダできれいに掃除し、雑菌の繁殖を防げます。

掃除で用いる場合は、水100ミリリットルに対して1グラムのセスキ炭酸ソーダを混ぜます。スプレーで吹きかけぞうきんやキッチンペーパーで拭き取ります。アルカリ性が強いために肌がかぶれることがありますので、ゴム手袋をはめたり、しっかり拭きったりする必要があります。

トイレの床や壁を掃除する際の注意点

まず気をつけたいのが洗剤を複数使うときです。酸性の洗剤と塩素系の洗剤が混ざると、有毒な塩素ガスが発生する危険があります。体調不良を訴え最悪生死にかかわります。水拭きや乾拭きのためにぞうきんを使う際も、洗剤ごとにぞうきんを分けて使うようおすすめします。

また、酸性やアルカリ性が強い洗剤を使うと、床のタイルや壁紙を傷つけてしまう可能性があります。具体的にはタイルや大理石が溶けてしまったり、壁紙が変色してしまったりします。特定の洗剤を初めて使うときには、あまり目立たない場所で少量使ってみるのがおすすめです。

また、ぞうきんなどで壁を拭くときも、ゴシゴシこすると素材が傷つくので、叩くように汚れを取り除きます。

トイレの臭いを予防する方法

トイレの臭いの元は飛び跳ねた尿ですから、男性も座って用を足すのが一番です。トイレの床や壁紙に尿が飛び散ることが激減し、雑菌の繁殖によるアンモニア臭を防げます。

さらに、トイレの水を流す際にふたを閉めて流すのも大切です。ふたを開けたまま水を流すと、水がはねて周囲に飛び散ります。そして、そこに雑菌が繁殖するのです。トイレの便座のなかにはさまざまな細菌やウイルスが存在します。衛生面の観点からも水を流すときはトイレのふたを閉めるのがいいでしょう。

こまめにトイレ掃除を行うのも大事な臭い対策です。トイレシートで拭くだけでいいので、定期的に全体をきれいにする習慣を持ちましょう。菌が増えず、床や壁に臭いが移らないので、快適な状態を保てます。

トイレ掃除は臭いの原因にフォーカスして取り組もう

トイレ掃除をしているつもりでも、掃除の漏れがあると臭いの原因になってしまいます。床や壁が臭うのは飛び散った尿が原因なので、徹底的に掃除することで解決できます。クエン酸やセスキ炭酸ソーダなどの便利アイテムも利用して効率的に取り組むのがいいでしょう。

しかし、トイレは構造上便座の裏側や天井近くの部分など、掃除がしづらい部分がいくつかあります。トイレが汚いというイメージがあると余計に掃除がためらわれ、無理な姿勢で掃除をするのがおっくうに感じられます。

そのようなときはハウスクリーニングの検討をしてみるのがおすすめです。掃除のプロが徹底的にトイレを掃除します。汚れやすい場所や臭いが発生しやすい場所も心得ているので、大満足の結果を得られるでしょう。

ハウスコンシェルジュの
公式HPを見る
電話で問い合わせる