プロが教える、主夫が学ぶ 家掃除の悩みをまるっと解決!おそうじ大百科 » 浴室・トイレのお掃除に挑戦! » トイレのお掃除 » 床・壁のお掃除

床・壁のお掃除

トイレの臭いやすいところ

トイレの臭いの主な原因となるのはアンモニア臭です。尿が飛び散って床に付着すると、尿に含まれる尿素を雑菌が分解。

この際に発生するのが、ツンとした刺激臭を伴う独特のアンモニア臭です。とくに立って用を足す男性や子どもがいると、尿が床に飛び散りやすくなります。

放っておくと臭いがしみついてしまうこともあるので注意しましょう。

こまめに便器も床も掃除しているのに、なぜか臭う…といった場合、壁が汚れている可能性があります。実は、尿ハネによる汚れは床だけでなく、壁にも付着しているのです。

また、洗う前の手で壁を触るなどの行動も原因のひとつ。放置しておくと床同様に臭いがしみつくだけでなく、黄ばんで変色する原因にもなります。

換気扇

トイレに換気扇がついている場合、フィルターにホコリがついていることがあります。気づかずに放っておくとホコリに混じってカビが繁殖し、トイレ内に臭いが蔓延。

換気扇を使うと変な臭いがする場合は、換気扇の汚れを疑ってみましょう。ホコリが溜まっていると換気扇の機能が低下し、トイレ内の臭いがさらにひどくなります。

トイレの取れない臭い掃除をするときのポイント

セスキ炭酸ソーダで壁の黄ばみを落とそう

トイレの臭いの原因の1つである、壁の黄ばみ。原因となっている尿は弱酸性を示すため、アルカリ性洗剤での掃除が効果的です。

とくにしつこい黄ばみには、アルカリ性の高いセスキ炭酸ソーダを使うと良いでしょう。すでにスプレータイプで売られているものを使うと、手軽に黄ばみを落とすことができます。

床のアンモニア臭にはクエン酸

トイレの床の消臭には、クエン酸を使うと◎。クエン酸は床にしみこんだアンモニアを落とす効果があり、しかも消臭効果も高い優れものです。

クエン酸水は、水200mlにクエン酸小さじ1を混ぜるだけで完成。スプレーボトルに入れて床に吹きつけ、ぞうきんで拭き掃除をしましょう。

便器と床の境目にも汚れが溜まりやすいので、お忘れなく。

換気扇もしっかりと!

トイレに換気扇がある場合は、カバーを取りはずして換気口内をチェック。フィルターにホコリが溜まっていたり換気口が汚れていると、臭いの原因となります。

フィルターは水洗い、もしくは中性洗剤で軽く洗えばOK。換気口内は手が届く範囲で良いので、こちらもしっかり拭き掃除をしましょう。

トイレの取れない臭い掃除に効果的な洗剤の種類

クエン酸

臭いのもとであるアンモニアはアルカリ性なので、酸性のクエン酸で中和すると臭いのもとを断つことができます。

クエン酸水(水200ml+クエン酸小さじ1)のスプレーによる掃除はもちろん、クエン酸水を含ませたキッチンペーパーを貼りつけてラップをする方法もおすすめ。

とくに、しつこい汚れに効果的です。

セスキ炭酸ソーダ

アルカリ性を示すセスキ炭酸ソーダは、酸性の汚れに有効。とくに、弱酸性の尿が飛び散った壁の黄ばみなどを落とすのに効果的です。

ただし比較的成分が強いため、拭き残しがあると肌が弱い人などはかぶれを起こすこともあります。できれば、仕上げに水拭きと乾拭きをしておくと安心です。

消臭スプレー

洗剤とは違いますが、床や壁を掃除しても臭いが消えない…といった場合、消臭スプレーが役立ちます。使い方は、掃除後に消臭スプレーを床・壁・天井といった部分に吹きつけるだけ。

ちなみにアンモニアは空気よりも軽く、上方で付着しやすいため、壁の上部や天井にしっかり吹きつけておくと効果的です。

トイレの取れない臭い掃除をするときの注意点

臭い掃除には、アルカリ性・酸性といった成分の洗剤が効果を発揮します。

ただし、床や壁の素材によっては変色したり、コーティングが剥がれてしまうといったトラブルが発生しやすいので要注意。

使用する際は目立たないところに少し洗剤をつけ、問題がないか確認してからにしましょう。

また、臭いが取れないからといって研磨剤やたわしなどでゴシゴシ床・壁を擦るのは厳禁。傷がつくとそこに汚れが溜まりやすくなり、さらなる臭いの原因になりかねません。

トイレの臭いが取れない原因

掃除をしても臭いが取れない場合、床や壁の素材に臭いがしみついてしまっている可能性があります。

ある程度の汚れであれば根気よく掃除を続けることで落とすことができますが、あまりにも奥にしみ込んでしまうと落とすことができません。

この場合は床や壁を張り替える必要が出てきます。そうなる前に、こまめな掃除を心がけましょう。

トイレの取れない臭いを予防するためには

床や壁の汚れ・臭いの原因は、なんといっても尿の飛び散りです。立って用を足す男性が家族にいる場合は、座って用を足してもらうようにしましょう。

こうすると床や壁への尿ハネがほとんどなくなり、汚れや臭いが発生しにくくなります。

どうしても座って用が足せない場合は、おそうじシートを常備しておき、こまめに拭き掃除をしておくとよいでしょう。

また、水を流すときに蓋を開けておくのも飛び散りの原因なので、蓋は閉めて水を流すようにしてください。