プロが教える、主夫が学ぶ 家掃除の悩みをまるっと解決!おそうじ大百科 » 浴室・トイレのお掃除に挑戦! » 洗面所のお掃除 » 蛇口のお掃除

蛇口のお掃除

洗面台の水垢ができる原因

蛇口のステンレス部分につきやすい、白いウロコのような水垢。この主な原因は水道水の成分です。

水道水にはマグネシウム・カルシウムといったミネラルが入っており、水滴が蒸発すると蛇口表面に残って固くなり、ウロコ状の水垢となってこびりつくようになります。

また、石けんカスや手垢が水垢に混ざると、より頑固な汚れになるので要注意です。

洗面台の水垢ができやすいところ

蛇口のレバー

洗面所の蛇口でもっとも汚れがつきやすいのは、水を出すために使用するレバー。水を出すたびにレバーを触るため、手垢がつきやすいのが特徴です。

また、洗顔フォームやハンドソープなどの泡が石けんカスとして残ったり、歯みがきの際に飛び散った歯磨き粉がこびりついていたり、メイクのファンデーションが付着することも多くなっています。

蛇口の上部・下部

主にステンレスでできている蛇口の上部・下部。水分が残りやすいため、この部分にも水垢がつきやすくなっています。

水道水を使ったときに蛇口が濡れ、そのまま蒸発させると水道水内のミネラル分が残ります。これが白い水垢となってしまうのです。

また、シャワーヘッドタイプの蛇口の場合、ホース部分にも汚れがつきやすいので注意が必要です。

蛇口の付け根

蛇口の付け根部分に見られる汚れは、黒っぽくくすんでいることが多め。この原因となっているのは黒カビです。

溜まった水垢や石けんカスにカビ菌がつき、湿気の多い洗面所という環境でどんどん繁殖。ビッシリとこびりついた黒カビになってしまいます。

洗面台の水垢を掃除するときのポイント

酢やクエン酸でのスプレーの作り方

洗面台に付着した汚れが水垢のみであれば「酢」や「クエン酸」だけで簡単に汚れは落とせます。また洗面台の掃除を行う際は「酢」や「クエン酸」を水で薄め、スプレーの中に入れて使用することで、簡単に水垢掃除を行うことができます。

水垢掃除を「酢」で行う場合「穀物酢」や「アルコール酢」などを利用するようにしましょう。それらの「酢」は調味されていない特徴があるので、水垢掃除に向いているといわれています。「酢」と「水」の割合は、一般的に「酢:水/1:1」とされていますが、臭いや効果が強すぎることが懸念されるため「酢:水/1:3~4」の割合で使用するようにしましょう。

水垢掃除を「クエン酸」で行う場合、スプレーに「水」と「クエン酸」を入れた後、よく溶かすようにしましょう。また「クエン酸」を水道水で溶かした場合、腐りやすくなります。そのためできる限り早く使い切るように心がけましょう。「クエン酸」と「水」の割合は「200mlの水:小さじ1のクエン酸」をスプレーに入れて使用します。

スプレーを活用した掃除の手順

洗面台の水垢掃除には、もっとも効率的に汚れを落とす掃除の手順があります。また「酢」と「クエン酸」のどちらかを使用する場合でも、作業的には同じ手順となります。そのため以下の作業手順を覚えておくことで「酢とクエン酸」どちらの方法にも活用することが可能です。

(1)「クエン酸」または「酢」を入れたスプレーを作る
            ↓
(2)キッチンペーパーを汚れの上に置き、スプレーを吹きかける
            ↓
(3)1時間ほど放置して、汚れが浮き出るのを待つ
            ↓
(4)貼っていたキッチンペーパーで汚れを擦りながら落とす

掃除に有効なアイテム【ブラシ・ナイロンたわし】

蛇口の根元部分に溜まった「水垢」「黒カビ」は、細かい隙間に入り込んでいる場合が多いです。それらの汚れをキレイに落とすには「ブラシ」や「ナイロンたわし」といったアイテムの使用が効果的です。

洗面台掃除に使用する「ブラシ」として、使わなくなった「歯ブラシ」を活用します。また、100円均一ショップなどでも購入できる「急須ブラシ」を用意しておくと便利です。

上手な掃除の方法【ブラシ・ナイロンたわし】

細かい汚れは古い「歯ブラシ」を使い、隙間部分をしっかり掃除していきましょう。蛇口の裏側は目が届きにくい箇所となります。蛇口の裏側の上手な掃除方法としては「ナイロンたわし」を巻きつけるようにして擦ることで簡単に掃除ができます。また、「急須ブラシ」を使いやすいように変形させることで、掃除がしにくい蛇口の裏側も簡単に汚れを落とすことが可能です。

最後は忘れずに乾拭き

蛇口につきやすい水垢は、水道水が蒸発することで付着します。そのため、掃除後はしっかりと水分を拭き取ることが大切です。

水滴が残らないよう、乾いたぞうきんやクロスでしっかりと拭き掃除をしましょう。

洗面台の水垢掃除に効果的な洗剤の種類

クエン酸

洗剤の特徴と効果

「クエン酸」は、レモンなどの柑橘類に含まれる成分を抽出した白い粉末のことを指します。また、水に溶けることで「酸性」の性質を持つという特徴があります。さらに水垢は「アルカリ性」の汚れに分類されます。そのため「クエン酸」を使用することによって汚れが浮きやすくなり、簡単にキレイにすることができます。

上手な使い方

「クエン酸」の上手な使い方としては、掃除の際にキッチンペーパーを併用するとよいでしょう。汚れの上にキッチンペーパーを置き、スプレーを吹きかける方法が効果的です。またあらかじめキッチンペーパーに「クエン酸」を含ませておき、十分に「クエン酸」が染み込んだ状態で汚れが気になる箇所を擦るといった方法もあります。

重曹+クエン酸

洗剤の特徴と効果

「重曹」と「クエン酸」は、それぞれ単品で使われることが多いですが、2つを混ぜ合わせることでより強力な洗剤へと生まれ変わります。2種類が混ざっている状態のところに、水を注ぐと勢いよく泡が発生します。この泡の正体は「二酸化炭素」であり、人体に悪影響を及ぼす心配はありません。「重曹」と「クエン酸」から発生する泡には、汚れに浸透して浮き上がらせる力があり、ヌメリ汚れ程度なら泡の力のみで洗い流すことができます。

上手な使い方

「重曹」と「クエン酸」は、洗面台の排水口のヌメリ汚れにもっとも効果を発揮します。まずは、排水口に「重曹」をまんべんなくふりかけます。その後15分ほど放置した後に、水で溶かした「クエン酸」を排水口にかけます。発生した泡が収まったら水道水でキレイに洗い流します。その際残った汚れがある場合は、水を流しながら軽く擦ることで、簡単に洗い流せます。

蛇口の汚れの水垢はアルカリ性、手垢は酸性です。つまりどちらの性質にも対応できる洗剤がベストなので、アルカリ性の重曹と酸性のクエン酸を混ぜて使うと良いでしょう。

つくり方は、重曹に少しずつクエン酸水(水200ml・クエン酸小さじ1)を加えて混ぜ、ペースト状になればOK。混ぜると泡が出ますが、これがしつこい水垢を分解して落としてくれます。

水垢専用洗剤

洗剤の特徴と効果

「水垢専用洗剤」は「酸性」のものが多く、水垢の性質でもある「アルカリ性」との相性を考えたうえで作られています。また「水垢専用洗剤」のなかには、クレンザーなどの研磨効果があるものも多く、頑固な水垢汚れに効果的です。

上手な使い方

多くの水垢汚れは、酸性の「水垢専用洗剤」でキレイに洗い流すことができます。しかし長年放置していた頑固な汚れに対しては、スプレーで吹きかけるだけでは汚れを落とすことができません。そのような場合、研磨成分入りの「水垢専用洗剤」を使用することや「水垢専用洗剤」を吹きかけた後、しばらく放置することで頑固な汚れを洗い流すことが可能です。

洗面台の水垢掃除をするときの注意点

蛇口についた白い水垢は、時間をかけて徐々に蓄積した汚れです。そのため、洗剤を使ってもすぐに落とせないことがあります。

だからといって、金属製のたわしやブラシで力まかせに擦るのは厳禁。蛇口に傷がつき、サビやカビ繁殖の原因となってしまいます。

また、酸性の洗剤を使用する際は、塩素系の洗剤を一緒に使わないこと。有毒ガスが発生するため、混ざらないよう注意してください。

洗面台の水垢を予防するためには

水分を残さない

日常的に水を使う洗面台は、どうしても水垢が発生しやすい場所となります。水垢の発生をできる限り防止するには、水分を残さないよう心がけることが大切です。あらかじめ洗面台に古いタオルを用意しておき、水滴をこまめに拭き取るようにするとよいでしょう。

定期的に掃除をする

洗面台の水垢予防で効果的な方法としては、定期的に小規模な掃除を行うことです。掃除の頻度を上げることで、洗面台に汚れが付着しにくい状態を保てます。またこまめに掃除を行うことで、一度の掃除の手間と時間を最小限まで抑えることが可能です。

ハウスコンシェルジュの
公式HPを見る
電話で問い合わせる