プロが教える、主夫が学ぶ 家掃除の悩みをまるっと解決!おそうじ大百科 » 浴室・トイレのお掃除に挑戦! » 洗面所のお掃除 » 蛇口のお掃除

蛇口のお掃除

洗面台の水垢ができやすいところ

蛇口のレバー

洗面所の蛇口でもっとも汚れがつきやすいのは、水を出すために使用するレバー。水を出すたびにレバーを触るため、手垢がつきやすいのが特徴です。

また、洗顔フォームやハンドソープなどの泡が石けんカスとして残ったり、歯みがきの際に飛び散った歯磨き粉がこびりついていたり、メイクのファンデーションが付着することも多くなっています。

蛇口の上部・下部

主にステンレスでできている蛇口の上部・下部。水分が残りやすいため、この部分にも水垢がつきやすくなっています。

水道水を使ったときに蛇口が濡れ、そのまま蒸発させると水道水内のミネラル分が残ります。これが白い水垢となってしまうのです。

また、シャワーヘッドタイプの蛇口の場合、ホース部分にも汚れがつきやすいので注意が必要です。

蛇口の付け根

蛇口の付け根部分に見られる汚れは、黒っぽくくすんでいることが多め。この原因となっているのは黒カビです。

溜まった水垢や石けんカスにカビ菌がつき、湿気の多い洗面所という環境でどんどん繁殖。ビッシリとこびりついた黒カビになってしまいます。

洗面台の水垢を掃除するときのポイント

まずは酢やクエン酸で掃除!

汚れが水垢のみであれば、酢やクエン酸だけで簡単に汚れは落とせます。酢と水なら1:1の割合、クエン酸であれば200mlの水に小さじ1のクエン酸でスプレーができます。

これらを蛇口の水垢に吹きかけ、スポンジやぞうきんで軽くこすりましょう。しつこい汚れの場合、キッチンペーパーによるパックが効果的です。

ブラシやナイロンタオルを上手に使おう

蛇口の根元部分に溜まった水垢・黒カビは、細かい隙間に入り込んでいることがあります。これをキレイに落とすには、ブラシやスポンジといったアイテムが有効。

細かい汚れは古い歯ブラシを使い、隙間部分をしっかり掃除していきましょう。蛇口の裏側は目が届きにくいですが、ナイロンたわしを巻きつけるようにして擦ると簡単にキレイになります。

最後は忘れずに乾拭き

蛇口につきやすい水垢は、水道水が蒸発することで付着します。そのため、掃除後はしっかりと水分を拭き取ることが大切です。

水滴が残らないよう、乾いたぞうきんやクロスでしっかりと拭き掃除をしましょう。

洗面台の水垢掃除に効果的な洗剤の種類

クエン酸

蛇口についた白い水垢はアルカリ性なので、酸性のクエン酸で分解すると落としやすくなります。

アルカリ性の水垢にクエン酸がつくと中和反応が起こり、しつこい水垢が浮き上がって柔らかくなるのです。クエン酸のスプレーは常に洗面所に常備しておくと、毎日の掃除に役立ちます。

重曹+クエン酸

蛇口の汚れの水垢はアルカリ性、手垢は酸性です。つまりどちらの性質にも対応できる洗剤がベストなので、アルカリ性の重曹と酸性のクエン酸を混ぜて使うと良いでしょう。

つくり方は、重曹に少しずつクエン酸水(水200ml・クエン酸小さじ1)を加えて混ぜ、ペースト状になればOK。混ぜると泡が出ますが、これがしつこい水垢を分解して落としてくれます。

水垢専用洗剤

どうしても落とせない水垢は、水垢落とし専用の洗剤を使うと良いでしょう。専用洗剤には酸性の成分と研磨剤が含まれていることが多く、頑固な汚れを簡単に落とすことができます。

ただし、製品によっては成分が非常に強いこともあるため、必ずゴム手袋とゴーグルをするなどの対策をしましょう。

洗面台の水垢掃除をするときの注意点

蛇口についた白い水垢は、時間をかけて徐々に蓄積した汚れです。そのため、洗剤を使ってもすぐに落とせないことがあります。

だからといって、金属製のたわしやブラシで力まかせに擦るのは厳禁。蛇口に傷がつき、サビやカビ繁殖の原因となってしまいます。

また、酸性の洗剤を使用する際は、塩素系の洗剤を一緒に使わないこと。有毒ガスが発生するため、混ざらないよう注意してください。

洗面台の水垢ができる原因

蛇口のステンレス部分につきやすい、白いウロコのような水垢。この主な原因は水道水の成分です。

水道水にはマグネシウム・カルシウムといったミネラルが入っており、水滴が蒸発すると蛇口表面に残って固くなり、ウロコ状の水垢となってこびりつくようになります。

また、石けんカスや手垢が水垢に混ざると、より頑固な汚れになるので要注意です。

洗面台の水垢を予防するためには

常に水を使う洗面台は、どうしても水垢が発生しやすくなります。この水垢の発生をできるだけ防ぐには、水分を残さないようにするのが一番です。

洗面台に古いタオルを切ったものを用意しておき、水滴をこまめに拭き取るようにすると良いでしょう。

このちょっとしたひと手間を大切にすることで、しつこい水垢の発生を予防することができます。