プロが教える、主夫が学ぶ 家掃除の悩みをまるっと解決!おそうじ大百科 » 浴室・トイレのお掃除に挑戦! » 洗面所のお掃除 » 洗面台のお掃除

洗面台のお掃除

洗面台の取れない黒ずみができる原因

洗面台の汚れは、水垢・手垢・石けんカスなどが入り混じったものです。

最初にできやすいのは水垢で、これは水道水のミネラルが残って白く固まったもの。ここに手垢や石けんカスなどが付着すると黒ずみになり、簡単には落とせない強固な汚れになりがちです。

また、洗面台は湿気が多く雑菌が繁殖しやすいため、黒カビも発生しやすくなっています。

洗面台の黒ずみができやすい箇所

蛇口

洗面台の蛇口につきやすいのは、白っぽい水垢汚れ。この水垢は水道水に含まれるマグネシウム・カルシウムといったミネラルが結晶化したもので、放置しておくとどんどん落としにくくなるのが特徴です。

さらに、飛び散った石けんや歯磨き粉のカスや手垢などが混じると茶色っぽく変色し、最終的には黒ずみ汚れになってしまいます。

洗面ボウル

顔を洗ったり、歯磨きをしたあとの汚れを流す洗面ボウル。

蛇口と同様に水垢が発生しやすく、さらに石けんカス・皮脂といった汚れが多く流れるため、黒ずみになりやすい部分となっています。

とくに汚れやすいのは洗面ボウルのふち。横からのぞき込むと黒い汚れがビッシリついていることもあるので、日頃から注意が必要です。

排水口

水や汚れが流れていく排水口も、汚れが蓄積しやすい部分。排水口に流れ込んだ石けん・歯磨き粉などの汚れが水垢とともに溜まっていき、しつこい黒ずみになってしまいます。

とくに排水口のまわりにある溝に汚れが溜まりやすく、カビも発生しやすいのが特徴。軽く擦ったくらいでは落ちない、しつこい汚れになりがちです。

洗面台の取れない黒ずみ掃除をするときのポイント

重曹を使ったスプレーの作り方

洗面台についた「黒ずみ」や「黒カビ」は、重曹で落とすことができます。まずは「水:200ml」と「重曹:小さじ2杯」をスプレーの中に入れます。そのあとは水と重曹がよく溶けるようにスプレーをふりながら混ぜます。

その際、重曹の粉末がスプレー底に残ってしまうことがあるので、よく確認しながら作業を行うようにしましょう。目安としては1分ほどスプレーをふることで、完全に混ぜ合わさるとされています。

スプレーを活用した掃除の手順

重曹スプレーを活用した掃除の手順としては「蛇口」や「洗面台」の気になる黒ずみ部分に向けてスプレーを吹きかけていきます。十分にスプレーをかけた後はスポンジなどを使って、念入りに汚れを擦って除去していきましょう。

重曹スプレーを使用するうえでの注意点としては、使用中に手が荒れる危険性があるため、必ず「ゴム手袋」を装着することが大切となります。また汚れが落ちにくい箇所があった場合でも、力を入れて擦ってしまうと洗面台を傷つける可能性が高いため、十分に注意する必要があります。

重曹とクエン酸を使った洗剤の作り方

軽い黒ずみであれば重曹だけで落とせますが、それだけでは不十分な場合、クエン酸を併用すると効果的です。まずは「重曹:水/2:1」で混ぜてペーストを作ります。

次に「水:200ml」と「クエン酸:小さじ1杯」をスプレーに入れて、よく混ざるようにふります。水とクエン酸が完全に混ざる目安としては「重曹スプレー」と同様に1分ほどスプレー容器をふるようにしましょう。

重曹とクエン酸を使った上手な掃除方法

重曹とクエン酸を使った上手な掃除方法としては、まず汚れが気になる箇所に「重曹ペースト」を塗ります。その後「重曹ペースト」を塗った部分に「クエン酸スプレー」を吹きかけます。「重曹」と「クエン酸」が化学反応を起こすことで泡が発生し、黒ずみが分解されて汚れが落ちやすくなります。

もし汚れが気になる箇所が残っている場合は、スポンジなどで擦るとよりキレイに仕上げることが可能です。

クレンザーや研磨パッドで黒ずみを削る

それでも落ちないしつこい黒ずみは、柔らかめの研磨剤が入ったクレンザーや、陶器用の研磨パッドを使用すると良いでしょう。

ただし、これらを使用する際には、洗面台に傷がつかないか慎重に確かめておく必要があります。

洗面台の取れない黒ずみ掃除に効果な洗剤の種類

重曹

洗剤の特徴と効果

重曹はナチュラルクリーニングの代表的な洗剤のひとつです。ナチュラルクリーニングとは、合成洗剤ではなくできる限り自然のものを使用して掃除を行うことを指します。

重曹は洗面台の「水垢」や「手垢などの皮脂汚れ」といった頑固な汚れに効果を発揮します。それらの汚れが気になる箇所を重曹で磨くことによって、研磨スポンジで磨き上げたようにキレイな仕上がりになります。

上手な使い方

重曹は使い勝手がよい洗剤として有名で、汚れの性質に合わせて使用方法を変えることができます。洗面台の「水垢」や「手垢などの皮脂汚れ」をキレイにする方法としては、「重曹」と「水」をスプレーに入れて使用する方法がもっとも効果的であるといわれています。

また「重曹」と「水」を混ぜ合わせたスプレーボトルを洗面台に常備しておくことで、汚れが気になる箇所を見つけ次第、すぐに掃除を開始することができます。そのため毎日のこまめな掃除には、「重曹スプレー」の使用がもっとも便利な方法であるともいえます。

クエン酸

洗剤の特徴と効果

クエン酸とは無色無臭で安全な酸性の成分として有名で、「柑橘類」や「梅干し」などの食品に多く含まれます。掃除に使用するクエン酸もあり、100円均一などで手軽に購入することができます。クエン酸は、洗面台の「水垢」や「石鹸カス」に対して、もっとも効果を発揮するといわれています。

上手な使い方

クエン酸は水とクエン酸をスプレーに入れて気になる汚れに吹きかける方法が、もっとも効果的な使い方であるとされています。「クエン酸スプレー」を汚れに吹きかけた後は、スポンジなどで擦ることでよりキレイに仕上げることが可能です。頑固な水垢汚れに対しては、クエン酸と重曹を併用することで洗浄力をアップさせることができます。

クレンザー

洗剤の特徴と効果

クレンザーとは、「研磨材の入った洗剤」のことを指します。汚れを浮き上がらせる効果がある「界面活性剤」と、その浮いた汚れを削り落とす「研磨材」という2つの成分を組み合わせて作られています。

クレンザーは「クリーム状」と「粉末状」の2種類が販売されています。「クリーム状」の製品は、粒子が細かい特徴があり、洗面台の汚れを優しく磨くことができます。「粉末状」の製品に関しては、「クリーム状」と比べて粒子が粗い特徴があるため、より頑固な汚れに対して効果的な製品であるといえます。

上手な使い方

洗面台にこびりついた頑固な水垢は、キレイに洗い落とすのに苦労をする汚れでもありますが、「クレンザー」を使用することで力を入れずに汚れを落とすことが可能です。「クレンザー」の上手な使い方としては、気になる汚れにクレンザーをつけて「丸めたラップ」でこすり洗いする方法がもっとも効果的であるとされています。

洗面台の取れない黒ずみ掃除をするときの注意点

種類によって異なりますが、洗面台にはさまざまな加工が施されていることがあります。

洗面ボウルには汚れをつきにくくするコーティング加工がされていたり、鏡にはくもり止め加工がされていることもあるため、場合によっては洗剤や研磨剤などが使えないケースもあります。

知らずに掃除をして傷がついたりコーティングが剥がれると、より汚れがつきやすい状態になってしまいます。きちんと確認してから掃除をするようにしましょう。

洗面台の取れない黒ずみを予防するためには

こまめに水分を拭き取る

洗面台の黒ずみを防ぐには、まず水垢の原因となる水分を取り除くことが重要です。洗面台を使用した後は、乾いたタオルやクロスで水分を拭き、しっかり乾燥させるようにしましょう。

飛び散った石けんや歯磨き粉なども、放置することなくすぐに拭き取ることが大切です。洗面台のくすみが目立つ場合は、アクリル製のスポンジで軽く擦り洗いするとキレイに掃除ができます。

油汚れを放置しない

洗面台は「皮脂」や「化粧品の油汚れ」が付着しやすい箇所でもあります。油汚れがあると、水の流れが悪くなるうえ、水分が表面に留まりやすくなるため、「黒ずみ」や「水垢」が発生する可能性が高くなります。

そのような事態に陥らないためにも、「家庭用洗剤」や「重曹」「クエン酸」などを使用して、定期的な洗面台掃除を心がけるようにしましょう。

ハウスコンシェルジュの
公式HPを見る
電話で問い合わせる