プロが教える、主夫が学ぶ 家掃除の悩みをまるっと解決!おそうじ大百科 » 浴室・トイレのお掃除に挑戦! » 洗面所のお掃除 » 洗面台のお掃除

洗面台のお掃除

洗面台の黒ずみができやすい箇所

蛇口

洗面台の蛇口につきやすいのは、白っぽい水垢汚れ。この水垢は水道水に含まれるマグネシウム・カルシウムといったミネラルが結晶化したもので、放置しておくとどんどん落としにくくなるのが特徴です。

さらに、飛び散った石けんや歯磨き粉のカスや手垢などが混じると茶色っぽく変色し、最終的には黒ずみ汚れになってしまいます。

洗面ボウル

顔を洗ったり、歯磨きをしたあとの汚れを流す洗面ボウル。

蛇口と同様に水垢が発生しやすく、さらに石けんカス・皮脂といった汚れが多く流れるため、黒ずみになりやすい部分となっています。

とくに汚れやすいのは洗面ボウルのふち。横からのぞき込むと黒い汚れがビッシリついていることもあるので、日頃から注意が必要です。

排水口

水や汚れが流れていく排水口も、汚れが蓄積しやすい部分。排水口に流れ込んだ石けん・歯磨き粉などの汚れが水垢とともに溜まっていき、しつこい黒ずみになってしまいます。

とくに排水口のまわりにある溝に汚れが溜まりやすく、カビも発生しやすいのが特徴。軽く擦ったくらいでは落ちない、しつこい汚れになりがちです。

洗面台の取れない黒ずみ掃除をするときのポイント

重曹を使って黒ずみを落とす

洗面台についた黒ずみや黒カビは、重曹で落とすことができます。まず、水200mlに重曹小さじ2杯を入れた重曹水を作り、スプレーボトルに入れて黒ずみが気になる部分に吹きかけます。

そのあとは、スポンジなどで擦り洗いをすると良いでしょう。粉のまま重曹をつけてクレンザーのように使うこともできますが、傷がつく恐れがあるのでご注意を。

重曹とクエン酸を併用して黒ずみを落とす

軽い黒ずみであれば重曹だけで落とせますが、それだけでは不十分な場合、クエン酸を併用すると効果的です。まず、重曹と水を2:1で混ぜてペーストを作り、黒ずみのひどい部分につけます。

その後、水200mlにクエン酸小さじ1を入れたスプレーを吹きかけると泡が発生し、黒ずみが分解されて汚れが落ちやすくなります。

クレンザーや研磨パッドで黒ずみを削る

それでも落ちないしつこい黒ずみは、柔らかめの研磨剤が入ったクレンザーや、陶器用の研磨パッドを使用すると良いでしょう。

ただし、これらを使用する際には、洗面台に傷がつかないか慎重に確かめておく必要があります。

洗面台の取れない黒ずみ掃除に効果な洗剤の種類

重曹

重曹は、手垢やカビによる黒ずみに有効です。

毎日の掃除には重曹スプレーが便利なので、200mlの水に小さじ2杯の重曹を溶かしたものを作り、スプレーボトルに入れて洗面台に常備しておくと良いでしょう。

汚れが気になったらシュッシュッと吹きかけ、軽く拭きとるだけで簡単にキレイになります。

クエン酸

放っておくと頑固になりやすい水垢には、クエン酸が効果的です。水垢はアルカリ性なので、酸性のクエン酸で中和させると、しつこい汚れがゆるくなるのです。

こちらもクエン酸水をスプレーボトルに入れ、重曹と同様に常備しておくと便利です。ちなみに、重曹とクエン酸を同時に使うと洗浄効果がアップするのでオススメです。

クレンザー

重曹やクエン酸ではイマイチ黒ずみが落ちない…といったときは、クレンザーを使用すると良いでしょう。ただし、洗面台は陶器製であることが多く、目の粗い研磨剤が入ったクレンザーを使うと傷がついてしまいます。ソフトな研磨剤が入ったものを選び、できるだけ優しい力で落としていくようにしましょう。

洗面台の取れない黒ずみ掃除をするときの注意点

種類によって異なりますが、洗面台にはさまざまな加工が施されていることがあります。

洗面ボウルには汚れをつきにくくするコーティング加工がされていたり、鏡にはくもり止め加工がされていることもあるため、場合によっては洗剤や研磨剤などが使えないケースもあります。

知らずに掃除をして傷がついたりコーティングが剥がれると、より汚れがつきやすい状態になってしまいます。きちんと確認してから掃除をするようにしましょう。

洗面台の取れない黒ずみができる原因

洗面台の汚れは、水垢・手垢・石けんカスなどが入り混じったものです。

最初にできやすいのは水垢で、これは水道水のミネラルが残って白く固まったもの。ここに手垢や石けんカスなどが付着すると黒ずみになり、簡単には落とせない強固な汚れになりがちです。

また、洗面台は湿気が多く雑菌が繁殖しやすいため、黒カビも発生しやすくなっています。

洗面台の取れない黒ずみを予防するためには

洗面台の黒ずみを防ぐには、まず水垢の原因となる水分を取り除くこと。洗面台を使ったら乾いたタオルやクロスで水分を拭き、しっかり乾燥させるようにしましょう。

飛び散った石けんや歯磨き粉なども、放っておかずすぐに拭き取ることが大切です。また、洗面台にくすみが見られるようになってきたら、アクリル製のスポンジで軽く擦り洗いをすると◎。

こまめな掃除を心がけておけば、黒ずみのないキレイな洗面台をキープできますよ。